言葉と戦争

  • 13人登録
  • 4.17評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤井貞和
  • 大月書店 (2007年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784272430727

言葉と戦争の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • p263まで読んだ。
    非常にお勧めの書。

  • 言葉は戦争と向き合えるだろうか。→オビ

    新聞の紹介ページで見かけた本
    戦争はあらゆる方面から考察すべき事象で、これも参考資料として有効であると思い、手に入れた。

全2件中 1 - 2件を表示

藤井貞和の作品

言葉と戦争はこんな本です

言葉と戦争の作品紹介

戦争の起源から現代のテロリズムまで。現代日本を代表する詩人が、戦争を正面から考える。9・11以後の文学を問うハルオ・シラネとのEメール往復書簡「カノン、カウンターカノン」収録。

ツイートする