パヴロフ―脳と行動を解き明かす鍵 (オックスフォード科学の肖像)

  • 16人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : オーウェン ギンガリッチ  Daniel P. Todes  Owen Gingerich  近藤 隆文 
  • 大月書店 (2008年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784272440498

パヴロフ―脳と行動を解き明かす鍵 (オックスフォード科学の肖像)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20100422
    名高い「パブロフの犬」の実験は思っていたよりずっとエグかった。いわゆる「条件反射」も、「意思を伴う行動」との比較のため研究されたのかと思っていたら、むしろ「無条件反射」と差別化する方向性だったらしい。ロシアの生んだこの偉大な科学者の業績についてあまりにも知らなさすぎたな、と思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

ダニエル・P.トーデスの作品

パヴロフ―脳と行動を解き明かす鍵 (オックスフォード科学の肖像)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パヴロフ―脳と行動を解き明かす鍵 (オックスフォード科学の肖像)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パヴロフ―脳と行動を解き明かす鍵 (オックスフォード科学の肖像)の作品紹介

1904年ノーベル生理学・医学賞を受賞した最初の生理学者にして最初のロシア人パヴロフ。「条件反射」、「パヴロフの犬」という言葉で知られるパヴロフの業績をわかりやすく伝え、その生涯をロシア革命前後の社会状況や政府との関係とともに描く新しい評伝。

ツイートする