入門git

  • 522人登録
  • 3.83評価
    • (21)
    • (47)
    • (37)
    • (1)
    • (0)
  • 38レビュー
著者 : Travis Swicegood
制作 : でびあんぐる 
  • オーム社 (2009年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784274067679

入門gitの感想・レビュー・書評

  • 『GitHub実践入門』だけではgit自体の奥深さに触れることができていない気がして、とりあえず薄い入門本に手を出してみた。

    読んでみた結果、gitはかゆいところに手が届くコマンドが多数あり、非常に賢いツールである上に、日常の操作をする上では、ほんとに基本的なコマンドだけでその恩恵を預かることができるということがわかった。

    ただ、補助的にWebで調べていたときに必ずといっていいほど出くわしたgitの公式サイトの方がわかり易くて具体的な例が豊富な気がするのは初心者故か。。

  • 全部読まなくても日常生活には困らないです。
    Gitの機能を把握したい人向けかな…?

  • Git の初歩の初歩、と言った感じの本。平易な文章で読みやすく、実際に手を動かしながら読むと理解が深まる。
    基本操作はできるようになるが、様々なオプションの使い方や Git の思想などはこの本ではカバーされないので、さらに他の本で理解を深める必要がある。

  • gitが本格的に普及し始める前の書籍のため現在出版されている他の書籍の方が分かりやすいだろう。購入当時は日本語の書籍がこの書籍を含めて2冊しかなかったため選択肢がなかった。

  • 何と無く使ってるけど、概念とか仕組みとか全体像が見えて勉強になったのであった。

  • まあまあよかった。スタートとして読むにはいいのかもね。語り口調の本。

  • 最もわかりやすいgit入門書

  • たぶんGitで一番わかりやすい本。
    自分専用リポジトリがあるってうれしい。

  • 図書館HP→電子ブックを読む 
    Maruzen eBook Library から利用

    【リンク先】
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000002673

  • Gitに関する入門書。

    もっと簡潔にGitについて知りたい人はこの本じゃなくても良いだろう。

    あと、索引がイケてなくて、自分が欲しい内容を探し当てるのにも時間がかかるため、別途ポケットリファレンスを買ったほうが良い。

  • これでGitの基本を学んだ。良書。ただ、あくまで入門でリモートブランチの設定方法などは解説されていないため、別途勉強が必要でした。

  • ひと通り読み終えれば、とりあえず subversion でやっていたことはできるようになる。まさに入門。git を深入りしたいなら足りない。
    すぐ読み終わる量で頻度の高い操作がまとまっており楽しく気軽に読める

  • Xcode4からバージョン管理が非常に強化されました。
    オーガナイザに統合されたVCSとしてSvnやGitが使えるようになりました。
    またXcodeはプロジェクト作成時、ローカルにGitリポジトリを作って管理することも出来るように。

    なので基本的にはXcode オーガナイザを利用しておけば、Gitのことがそこまで分からなくても問題ないのですが、
    流石に何も知らないまま使うことは出来ないと思い、大学の図書館からこの本を借りてきました。

    さすがに全部書いてあることをすぐ実行できるわけではありませんが、分散管理の凄さやありがたみ、難しさを知るには良い入門書でした。

  • もう少し図版とか入れて欲しかった。
    図で理解する前にコマンドの羅列があって、ちょっと閉口。
    おいらもLinuxダメダメ人間か。

  • バージョン管理システムgitをはじめて利用する人向けの解説書。
    気さくな語り口で読みやすいし、ある程度ストーリー立ててgitの使い方を説明しているので理解しやすい。
    内容もgitのインストールからリモートリポジトリの立ち上げまでの一通りの活用はカバーできているのでありがたい。
    また、私は使ったことがないがSubversionなど別のバージョン管理システムの利用者へのフォローも随所に見られる。
    難点は図を使った解説が少し簡素なところと若干画面の表示例などを端折っている部分がある点。最も大きく躓くことはなかったので問題はなかった。
    gitへの入り口として適す一冊。

  • 「gitで一通りこんなことが出来ます。」ということが学べる本。網羅性はあまり無いが、基礎的な機能について実際に事例をあげながら説明している点は分かり易い。

    ただし、図が少なく文字ばかりのため、各機能の概念を正しく理解するには少し心許ない。例えば、revertとresetの違いなどがこの本の説明では非常に分かりづらい。入門レベルの書籍なので、各機能の概念的な説明は図をまじえて説明があった方がより良いだろうと思う。

    ただ、この本を一通り読んでから腑に落ちないところを調べると、全くの丸腰でweb上のレファレンスを調べるよりも遥かに理解出来ている自分に気付くことになる。けして手放しで分かり易い本では無いけど、まあまあ最初の1冊としては悪くは無いかな、という感じ。

    ただし、「入門」ってなってるけど、後半2,3割ぐらいは入門レベルで扱う話ではないので飛ばしてしまってOK。

  • 分散型バージョン管理システムGitの入門本。
    話の流れに沿って機能を解説しているのでわかりやすい。
    巻末には付録としてGitマコンドリファレンスが載っていて手元においておきたい。
    他のバージョン管理システムとの違いや移行方法についても載っているのでGitに乗り換えようかなという人にも良いと思う。

  • git入門の本。文章で説明しているので割と論理的に説明している感じ。
    必要だったら実際のコードが乗っていたりするけれど図などの見て解る解説は乗っていないのでそこは注意。

    Subversionを使っていたり、ネット上のgit入門の記事を理解していたのである程度は理解できた。普段使う部分でどんな動きをしているのか気になったり、どんなコマンドを使えば正解なのかが気になったりすれば読めば良いと思う。最初の「実際に使える」よりも踏み込んだ知識が欲しかったら読めばいいかな。その時は再読していきたい。

  • Git初心者本だけどリポジトリ管理初心者にも良い本だと思う。
    今からSVNやCVSを使おうとしている人は絶対にGitにするべき。
    そんなGitの素晴らしい機能をSVNやCVS経験者以外にもわかるような内容で説明されていてとてもわかりやすかった。

    基本的に実際にリポジトリを利用する場合に、日々必要となるコマンドを説明と一緒に実行しながら学んでいく流れになっています。

    SVN等とは違ってローカル環境でほとんどのコマンドが実行できてしまうので、ホスティングサービスなどを利用しなくても気軽にコマンドを実践することができます。

    文章構成や章構成もとても読みやすくスラスラ読み進めることができました。

    私は、一応コマンドでのSVN操作は理解していましたが、eclipse等でGUIに任せていたので、改めて仕組みの部分に触れられてとてもいい刺激になりました。

  • 装丁がカッコイイ

  • git 開発者による入門書。

  • 流れが分かりやすかった。

  • gitのことを基礎から学べます

  • 簡単な方の入門git。評判通りわかりやすかった。
    gitどころかsvnとかバージョン管理ソフト自体よくわかってないあたしでも、その概要や便利なところ、日々どんなふうに使うのかが理解できた気がする。
    チュートリアル形式で進めてる。手を動かしながら勉強する感じ。電車で読んだから手は動かしてないけど。
    これからheroku(RubyのPaaSね)で遊んでみようかと思ってるのだけど、サーバへのファイル送信がgitなので、場面場面でお世話になると思う。

全38件中 1 - 25件を表示

入門gitに関連するまとめ

入門gitのKindle版

ツイートする