宇宙旅行はエレベーターで

  • 60人登録
  • 3.73評価
    • (1)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • オーム社 (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784274069185

宇宙旅行はエレベーターでの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書のテーマとなっている宇宙エレベーターについては、SFの世界で長らく定番ネタとして扱われてきたものである。宇宙から地球に向かってケーブルを垂らし、そのケーブルを伝ってゴンドラのような乗り物が、摩擦を利用して昇っていく。ケーブルの全長は約10万km。仮に1フロアの高さを3mと仮定すると、地上33,333,333階建ての高層ビルに匹敵するスケールを持っている。まさに雲をつかむ、どころか星をつかむような話だ。

    これを本書では、2020年代から2030年代の間に実現可能と予測する。背景には、1990年代におけるカーボンナノチューブの発見という出来事があった。現時点では実験室レベルに留まっているものの、鋼鉄の約400倍の強度を持ち、信じられないほどの柔軟性持つ新たな素材が見つかっているのだ。

    著者の一人は、このカーボンナノチューブ性のケーブルを使えば、宇宙エレベーターが自重や、貨物の重さに耐えうることを証明した人物である。だが、本書がアメリカで刊行されたのは2006年のこと。その後もカーボンナノチューブ実用化の動きが聞こえてこないところをみると、もう少し先の話になるのかもしれない。

    宇宙エレベーター構想の歴史は、1960年代に遡る。旧ソ連やアメリカの科学者からの提案によって始まったのだが、エポックとなったのは、ある科学者が宇宙エレベーターに関する情報を、アーサー・C・クラークに提供したということだ。

    1979年、クラークはその情報をもとに『楽園の泉』を出版すると、宇宙エレベーターはたちまち広く世に知られるところとなる。その後も、キム・スタンリー・ロビンスンの『レッド・マーズ』、クラークとスティーヴン・バクスターが共同執筆した『太陽の盾』など、宇宙エレベーターをテーマとした作品が相次いだ。

    SF作家が作品というアウトプットを通してその一端を担ってきたのと同じように、科学者たちは思考実験というツールを通して実現へ向け歩んできた。その模様は、本書でも存分に描かれている。

    たとえば宇宙からのケーブルが地球と接触する部分に設置されるアース・ポート。この建設場所を考えるには、緯度、熱帯低気圧、軍事面、国際空港からのアクセスなど、様々な観点から考慮される必要がある。現時点で適した場所と言えるのは、ハワイ南方の太平洋上と、オーストラリア・パース西方のインド洋上の2箇所のみであるという。

    面白いのは、科学的事実に基づく科学者と架空を描くSF作家の役割が、次第に入れ替わっているようにも感じられるということだ。思考実験はファクトという制約の中でイマジネーションを志向し、SFは虚構という世界の中でリアリティを追求する。科学者たちは、現時点では急を要しないと思われるような細かいところまで分け入って、シナリオライターさながらに考え抜いていくのだ。そのいくつかを紹介したい。

    ◆ロケット産業からの抵抗について
    ”おそらく、ロケット産業界は宇宙エレベーター建造計画に抵抗するにちがいない。それを回避するためにはなんらかの措置を講じる必要がある。しかし、宇宙エレベーターの運航によって、エレベーターの末端部分から月などの天体に向けた宇宙ロケットの打ち上げ市場が新たに誕生する。”

    ◆アース・ポート設置に伴う地元住民からの反対について
    ”この点に関しては朗報がある。つまり、アース・ポートの理想的な建設場所は海上であり、陸地から遠く離れた場所だということである。したがって、皆さんの自宅がある場所の資産価値が下がることはなく、皆が安心できるというわけである。”

    ◆宇宙空間の軍事利用について
    ”実用性という観点から言うと、宇宙からのミサイル攻撃は、地上のミサイル・システムに比べて効率が悪い。目標に到達するまでに数時間を要するのである。また、容易に追尾が可能だという欠点もある。”

    たしかに、宇宙エレベーターが及ぼす影響は、科学に閉じた領域ばかりではない。それによって得られる政治的権力、軍事力、エネルギー資源、国家の威信、投資収益、新種の不動産など、一つ一つ潰そうとするディテールへのこだわりからも、著者たちの本気感が伝わってくる。

    16世紀以降、当時の主要国が、新大陸への進出を競ったときと同じように、宇宙開発を行う国が、月や火星など太陽系の宇宙空間への進出を互いに競うようになる時代が、すぐそこまで来ている。だが当時と大きく状況を異なるものにしているのが、宇宙エレベーターの持つ、費用効率の高さである。ロケットの打ち上げに頼っている国に比べて95%の費用優位性を持っているのだ。このまさに「早いものが一人勝ち」という構図が、競争をより一層熾烈なものにする可能性は高いだろう。

    新たなフロンティアの出現にともなう期待感。そしていざその状況に直面した時、人類は内なる多様性だけでなく、外なる統一性を兼ね備えることが出来るのだろうか?宇宙エレベーターという構想が提示しているのは、そんな外側からの新たな視点だと思う。

    版元であるオーム社が出版する宇宙エレベーター関連の書籍は、『宇宙エレベーター―宇宙旅行を可能にする新技術―』『宇宙エレベーターの物理学』に続いて3冊目。宇宙エレベーター協会という団体が、「オーム社は宇宙エレベーター関連書籍における世界最多の発行元」と賛辞の言葉を送っているのを見つけた時には、思わず「知らんがな!」の言葉が脳裏を埋め尽くしたが、これについては胸のうちにしまっておきたい。

  • ケーブルは1本とのことだけど5本ぐらいにして宇宙クルーザーも五角形にしてその頂点にケーブル通せばいいじゃん。
    そうすれば1本のケーブルにかかる負担も減ってメンテナンスもし易いし、より安全でしょ。

    昇降システムは磁力は除外と書いてあったけどクルーザーを直接ケーブルとの摩擦力により昇降するより摩擦力で昇降する台車をつけてその台車とクルーザーを磁力で浮上固定すればケーブルの負担がかなり軽減されるんじゃないかな。あ、動いてないから無理か。
    ケーブルにリニアモーターカーの様なガイドレール組み込めれば最高なんだけどね。

  • 宇宙にエレベーターで行く?

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103406&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 2013年10月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    通常の配架場所: 開架図書(3階)
    請求記号: 538.9//E25

    【選書理由・おすすめコメント】
    2029年、宇宙エレベーターが実現する!と帯に書いてある。内容は実現するにあたり問題について考察している。
    (数学科 4年)

  • 難しい計算とかは抜きにして、何となくの雰囲気が掴めるので、面白く読む事ができた。細かい計算がないので、そういうのがスキな人には、向かないか。

    あと、なんとなく、物理学の概念(基礎的な)が掴めていないと、読むのはつらいかも。

    。。。宇宙エレベータできないかな!!って思える本。夢がある。

  • 「宇宙エレベーター」の概念は古いもので、度々、SFや科学雑誌に登場しているが、現実に作ろうとしている方の、実際的な構想を目にしたのは本書が初めてだった。「なぜ赤道上ではいけないのか」「なぜ近年実現可能性が出てきたのか」など、面白い話が多かった。現実には、本の通りとはいかないと思うが、読んで夢の広がる本であることは確か。

  • ○地球と宇宙に設けられたステーションを行き来する宇宙エレベーター構想。それは今の私たちからすれば空想、SFとしか言いようがないアイデアです。しかし、技術的に実現の兆しが見えてきています。著者によれば、2020年から25年には最初の宇宙エレベーターを目指して開発が進められているとのこと。2030年ごろには宇宙エレベーターで物資や人が地球と宇宙を行き来しているかもしれません。ワクワクしますね。

    ○宇宙エレベーターの利点は、なんといっても輸送に費用がかからないと言うことです。ロケットで数十億円かかっていた費用が、数百万円に(費用的には世界一周するようなもの、一般個人にとっても不可能ではなくなる)。そして、人間の宇宙進出を爆発的に広げることになります。現在宇宙へ行くために使うエネルギーのほとんどは、地球から脱出するために費やされているため、宇宙に拠点となるステーションができればそこから移動することが容易になるのです。月や火星に行く、あるいは月へ移住するというのも現実味を帯びてきます。さらに、宇宙関係の新しいビジネスも急増することでしょう。ただし技術的な最大の障壁となっているのは、ケーブルの素材となるカーボン・ナノチューブの製造コストと強度。

    ○ただし、実際に宇宙エレベーターを開発するには、国際レベルでの合意やテロ対策などの安全確保が極めて難しいと思います。また、人間が本格的に宇宙への干渉を始めればどのような影響を及ぼすのかなどといった点については、読んでいてかなり楽観的な印象をうけました。「そこに宇宙があるから」というような好奇心には、賛同を覚えると同時に、すこし危険でもあるような気もします。

    ○それでも、宇宙エレベーターの入門的な本としては、その魅力、可能性がみえてくる本ではないかと思います。


    * メモ *
    SF小説は技術者のアイデアの源泉となってきた。空想の創作物と技術開発の関係はどのようになっているのだろう。

  • 請求記号:538.9/Edw
    資料ID:50072685
    配架場所:図書館1階西館 学生選書コーナー

  • 宇宙エレベーター/軌道エレベーターを建設することで、どんなメリットがありどんな宇宙探検/開拓が始められるか、そしてどうやったら宇宙エレベーターを建設できるかのコスト/場所/技術を一般人にも分かるように詳述した本。
    ガンダム特にダブルオー(も)好きだったら読んで損はありません。
    しかし2兆円で建設できるのかぁ、オリンピックの次の国家目標にいかがだろうか?とこれを読んだ人の大半は思うんじゃないだろうか。書中では日本領海内は台風等の気象条件で宇宙エレベーターの陸上基地建設に適さないとあったけど、沖ノ鳥島近海に島の防備(中国からじゃなくて自然からの)も兼ねて建設して、沖ノ鳥島をエアポート化したらいいのではなかろうか。と適当なことを言いたくなるくらい夢の膨らむ本。

  • 宇宙エレベーター、こんな単語を聞いたことがあるだろうか。文字通り宇宙までエレベーターで行くということを意味しているが、「不可能」と思うことだろう。しかし、カーボンナノチューブの発明により一気に現実味をおびてきているのだ。各分野の専門家が意見を述べながら実現するまでの道のりをえがいている。
                     (外国語学部 外国語専修)

全10件中 1 - 10件を表示

宇宙旅行はエレベーターでのその他の作品

宇宙旅行はエレベーターで 単行本(ソフトカバー) 宇宙旅行はエレベーターで ブラッドリー・C・エドワーズ
宇宙旅行はエレベーターで Kindle版 宇宙旅行はエレベーターで ブラッドリー・C・エドワーズ

ブラッドリー・C・エドワーズの作品

宇宙旅行はエレベーターでに関連するまとめ

宇宙旅行はエレベーターでを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする