現代音楽小史―ドビュッシーからブーレーズまで

  • 36人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 音楽之友社 (1984年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784276113510

現代音楽小史―ドビュッシーからブーレーズまでの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ドビュッシーから始まり、現代まで、楽譜・写真入りで詳しく書かれ、非常に読みやすい書籍です。
    ただ、原典の出版されたのが1978年と古く、現代と言ってもそれまでに確定された現代までです。

     解説は、ドビュッシーから始まり、バルトーク、新ウィーン楽派、ストラビンスキー、メシアン、ブーレーズ、シュトックハウゼン、クセナキス、ケージと、現代の古典とも言うべき作曲家を中心に説明されています。

     「現代音楽」への入門書として、重要な近代からの橋渡しを知る上でベストな1冊です。
     
     日本語版の出版も84年と古く、書店、楽器店で見かけたら、即購入に値する1冊です。

  • 【資料ID】125336
    【分類】762.06/G85

  • 2-2 音楽論

全3件中 1 - 3件を表示

ポール・グリフィスの作品

現代音楽小史―ドビュッシーからブーレーズまではこんな本です

現代音楽小史―ドビュッシーからブーレーズまでを本棚に「読みたい」で登録しているひと

現代音楽小史―ドビュッシーからブーレーズまでを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現代音楽小史―ドビュッシーからブーレーズまでを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする