名曲悪口事典 ベートーヴェン以降の名曲悪評集

  • 19人登録
  • 4.10評価
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : ニコラス・スロニムスキー  伊藤 制子  大田 美佐子  栗原 詩子  小岩 恭子  古後 奈緒子 
  • 音楽之友社 (2008年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784276203761

名曲悪口事典 ベートーヴェン以降の名曲悪評集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 言うまでもなく、俎上に載せられたすべての楽曲を実際に知り尽くしているほうが、真の意味で本書を堪能できるのだろう。
    しかし、そうやってみずからハードルを上げてしまって、この愉快な本を読まずにいるのはあまりにももったいない。「名曲」に興味はなくとも「悪口」にはある、という向きには自信を持ってお勧めできる。古き良き時代のあけすけで、間違っても「政治的に正しく」なく、なのにそこはかとなく端正なインテリゲンツィアの罵詈雑言が、これでもかと楽しめる。やれ屑だの盛りのついた猫の鳴き声だの、作曲家の才能、知性はもとより容姿まで貶めてみたり、凄まじい。合言葉は「未来の音楽」だ。
    本書には、大部な本文をおいしいとこ取りしたような序章がついている。まずはそこだけでも覗いてみてはいかがだろうか。

    2011/7/15~7/20読了

  • クラシックの名曲といわれる作品の批評を集めた本。
    歴史背景を測る資料としても有益ですが、単純に読み物として面白いです。
    批評というか…罵詈雑言です。
    音楽評論ってあまり読まないんですが、こんな風なの…か…?
    比喩多用、装飾過多な芸術的文章でここぞとばかりに貶しまくっています。
    結構酷い事を書いているんですが、喩えが面白くってついつい笑ってしまう。
    貶す言葉にもこんなバリエーションがあるんですね、勉強になります。笑。

    新しいものを生み出す時は、常に批判と隣り合わせということか。

全2件中 1 - 2件を表示

名曲悪口事典 ベートーヴェン以降の名曲悪評集はこんな本です

名曲悪口事典 ベートーヴェン以降の名曲悪評集を本棚に「読みたい」で登録しているひと

名曲悪口事典 ベートーヴェン以降の名曲悪評集を本棚に「積読」で登録しているひと

名曲悪口事典 ベートーヴェン以降の名曲悪評集の作品紹介

天才の仕事はなかなか理解されない!音楽ファン必携!抜群の面白さ!悪評ばかり集めた類の無い事典。音楽史の貴重な資料であり、音楽批評の歴史が読みとれる。

ツイートする