アイルランド音楽入門―音楽・ダンス・楽器・ひと

  • 20人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 守安 功 
  • 音楽之友社 (2001年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (117ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784276214095

アイルランド音楽入門―音楽・ダンス・楽器・ひとの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アイルランドの楽器についてよくわかった。

  • 美しい森に海、ギネスビールに陽気な人々。そんなイメージしかなかったアイルランドだけど、長い間抑圧され続けた民族としてのアイルランド人の不屈の魂、文化を知るほどに、アイルランドの音楽というものがこれまで以上に胸に染み入る。

  • アイルランド音楽についてダンスや楽器プレーヤーについて書かれた本の訳本。譜面も38曲も載っている。

  • アイルランドの伝統音楽に用いられる様々な楽器紹介と、代表的な楽曲の譜例。
    昔話しもあり、最後は活躍するミュージシャンの紹介で締めくくる。
    まさに入門書。

  • 読みながら、「この著者、北アイルランドの人かな~」と感じてたらそうでした。
    細かいとこ見れば偏ってますが、全体的になんとなくわからせてくれる親しみやすい入門書。
    非常に詳しい「訳注」も併せて読んでいくと、かなりためになります。
    「訳注」あっての1冊。
    楽譜も色々載っているので、試しに弾いてみたいわ~って楽しみ方もできます。
    アイリッシュ好きなら手元に置いといてもいいかも。買ってよかった。

全5件中 1 - 5件を表示

アイルランド音楽入門―音楽・ダンス・楽器・ひとはこんな本です

アイルランド音楽入門―音楽・ダンス・楽器・ひとの作品紹介

古きよき伝統を伝えつつ、現在進行形の音楽として、家庭に、パブに、そしてステージに生きつづけるアイルランド音楽。本書は、随所にフェアリー・テイル(妖精譚)をおりまぜながら、豊富な図版、写真とともに、楽しく読める格好の入門書。ダンス・チューンの楽譜も多数掲載。

アイルランド音楽入門―音楽・ダンス・楽器・ひとのハードカバー

ツイートする