音楽選書オルフェ 新 音楽家の社会史 (オルフェ・ライブラリー)

  • 28人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 西原稔
  • 音楽之友社 (2009年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784276371019

音楽選書オルフェ 新 音楽家の社会史 (オルフェ・ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 17世紀から18世紀にかけて、モーツァルトやベートーヴェンが活躍した時代のヨーロッパの音楽家事情について、経済面ゃ社会的な面から描かれた本。
    この時代というのは、産業革命やフランスの革命とあいまって、社会の構造が著しく変化した時代であり、音楽の在りかたも大きく変化した。音楽が大きな娯楽になる一方で、芸術性も高まり、音楽家が需要が大きく増したにもかかわらず、社会的な地位は使用人のそれと変わらないままだった。宮廷楽団員でもない限り、音楽だけでは食べていけないので、たとえ売れっ子の音楽家といえども、ピアノのレッスンはもとより、楽譜の出版や批評活動に手を染めなくてはならなかった。が、このことは一方で、音楽文化の発達と成熟も担っている。
    また、著作権という概念も未発達で、有名な作曲家ほど海賊版に手を焼いたという。
    音楽家自らが、ふさしい立場を得るために奮闘する様子も紹介されている。
    読み終えて思うのは、現代の音楽シーンが抱える問題はすべてこの時代に顕在化していたということ。非常に興味深く読めた。

  • 【選書者コメント】19世紀の音楽家の日常が分かる、興味深い本。
    [請求記号]7600:1024

  • モーツアルトが、ベートーベンが、シューマンが
    そして多くの名もない音楽家が堂のような社会の中で生きてきたのか
    音楽を聞く心構えがかわってきそうです。

全3件中 1 - 3件を表示

西原稔の作品

音楽選書オルフェ 新 音楽家の社会史 (オルフェ・ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

音楽選書オルフェ 新 音楽家の社会史 (オルフェ・ライブラリー)の作品紹介

まだ無名の音楽家が、ひとつのステージを持つことの困難さは今も昔も変わらない…。音楽の消費が着実に増大した19世紀ヨーロッパ社会の中で、市民の音楽生活はどうだったのか。現在の音楽社会への問いから生まれた、音楽社会史研究の出発点ともなった名著の改訂新版。

ツイートする