ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本 (ONTOMO MOOK)

  • 10人登録
制作 : 佐伯 茂樹  音楽の友 
  • 音楽之友社 (2017年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784276962637

ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本 (ONTOMO MOOK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本 (ONTOMO MOOK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本 (ONTOMO MOOK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本 (ONTOMO MOOK)を本棚に「積読」で登録しているひと

ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本 (ONTOMO MOOK)の作品紹介

モダン・オーケストラと同様の存在感を放つピリオド・オーケストラ。バロック時代だけでなく、古典派やロマン派のレパートリーを取り上げる団体も増えてきた。しかし、「古楽器=バロック時代の楽器」という誤った認識を持っているリスナーも少なくない。そこで、この本では、各楽器の時代ごとの違いを写真を示しながら、時代別のオーケストラの状況や使用楽器を解説。近代の楽曲の演奏まで突き進んだピリオド・オーケストラの鑑賞の手助けとする。このような知識は、彼らの「語法」を十分に汲み取り、ハイブリッドな演奏が可能となったモダン・オーケストラの鑑賞にも役立つ。

ツイートする