窓口職員奮闘記 苦情こそ我が人生

  • 17人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 関名ひろい
  • 文芸社 (2007年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784286023908

窓口職員奮闘記 苦情こそ我が人生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 市役所の出先機関、出張所で窓口業務をしている『山口』、”窓口苦情処理係長”というあだ名をつけられるほどのベテラン職員だ。

    日々、多忙な窓口業務には苦情がつきものだ。実際にミスによるものから、不親切な対応を詰られたり、あるいは、いわれなき難癖をつけられる時もある。
    それらの苦情に、ひたすら頭を下げつつ、真摯に謝罪し、時には毅然とした態度で対処する職員の姿を綴った話である。


    お役所仕事という言葉をよく聞きます。遅い・わかりづらい・融通が利かないなどなど。もっと親切丁寧に対応してほしいと思うことも多々あります。ですが、その反面、扱う書類の重要性もあるし、不公平な対応にならないように規則には則ってもらわないと困るし。前面で対応する職員さんは大変でしょうな。

    同じ謝罪をするのでも、本書のように、口先だけの謝罪と、誠意をもって接するのとでは、受け手側にも響いてくるものが違うということはあるんじゃないかな・・あってほしいな。

全1件中 1 - 1件を表示

窓口職員奮闘記 苦情こそ我が人生のその他の作品

1-B073ZTTNP2の詳細を見る オンデマンド (ペーパーバック) 1-B073ZTTNP2 関名ひろい

関名ひろいの作品

窓口職員奮闘記 苦情こそ我が人生はこんな本です

窓口職員奮闘記 苦情こそ我が人生を本棚に登録しているひと

窓口職員奮闘記 苦情こそ我が人生を本棚に「読みたい」で登録しているひと

窓口職員奮闘記 苦情こそ我が人生を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする