【文庫】 増補版 負けん気 (文芸社文庫)

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 立浪和義
  • 文芸社 (2014年2月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784286148939

【文庫】 増補版 負けん気 (文芸社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文章が丁寧で、読みやすかった。
    自分は立浪さんのことを詳しくは知らなかったのだけど、プロに入ってすぐこんなに活躍したひとやってんなぁと、感心した。
    いちばん最初に書いてあった、兄との仲のよさが出たエピソードが印象的でした。

全1件中 1 - 1件を表示

立浪和義の作品

【文庫】 増補版 負けん気 (文芸社文庫)はこんな本です

【文庫】 増補版 負けん気 (文芸社文庫)の作品紹介

ドラフト会議-プロ野球人生のすべては、あの日、星野監督が"交渉獲得権"を引き当てた瞬間から始まった。入団1年目に新人賞、Gグラブ賞を受賞し、通算2480安打、日本記録となる487本の二塁打など、数々の記録、記憶を残したミスタードラゴンズ・立浪和義。彼の野球の原点とは?文庫化に際し、野球解説者、WBC打撃コーチの経験を通して感じた、野球への考え方、将来への展望を語る。

ツイートする