ブクログ大賞

いはでしのぶ: 中世王朝物語全集4

  • 3人登録
制作 : 永井 和子 
  • 笠間書院 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305400840

いはでしのぶ: 中世王朝物語全集4を本棚に登録しているひと

いはでしのぶ: 中世王朝物語全集4を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いはでしのぶ: 中世王朝物語全集4の作品紹介

容姿・才能を並び称される大将と中将は、高貴な一品宮に共に思いを寄せている。大将(関白)は一品宮を妻としたが、中将は密かな「いはでしのぶ」恋心に悩み続け、のちに、一品宮の、姫宮を妻とする。大将は運命のいたずらで一品宮と引き離され没する。
次世代へと物語は移り、関白の子、厭世的な性格の大将は様々な運命に翻弄され、やがて出家を志し、吉野山に赴く。
本文全文が残るのは巻一巻二のみであるが、ほかに詠歌の場面を中心とした抜書本八巻が伝わることにより、その概要が知られる。
多数の登場人物と、長期にわたる錯綜した筋書きと、詩情溢れる文体を持つ大作。

『いはでしのぶ』は、八巻から成る物語と推定される。しかし全体としての一貫した底本は存在せず、複雑な様相を持つ現況を勘案し、各本を取り合わせて底本を定めた。
・巻一は京都大学文学部蔵甲本を底本とし、京都大学文学部蔵乙本と、抜書本である三条西家本をもって校訂した。
・巻二は宮内庁書陵部蔵本を底本とし、京大甲本と三条西家本をもって校訂した。
・巻三から巻八までは三条西家本を底本としたが、巻四については冷泉家時雨亭文庫蔵本も用いた。冷泉本は、巻四の前半の断簡と、後半のひと続きの部分からなる。

中世王朝物語全集、第16回配本。
源氏物語以後、院政期から鎌倉時代にかけて生み出され、今に伝わる王朝物語全集。
原文・現代語訳2段組構成。
【編集委員】市古貞次・稲賀敬二・今井源衛・大槻修・鈴木一雄・樋口芳麻呂・三角洋一

ツイートする