石清水物語: 中世王朝物語全集5

  • 1人登録
制作 : 三角 洋一 
  • 笠間書院 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305400857

石清水物語: 中世王朝物語全集5を本棚に登録しているひと

石清水物語: 中世王朝物語全集5の作品紹介

武家の伊予守が主人公の異色作。上下二巻から成る中編。成立は後嵯峨院時代とされる(在位1243〜46、院政〜72)。
父大臣に知られず、常陸国で生まれ育ったヒロイン木幡の姫君は、兄妹とは知らぬ秋の君の接近、後見役の伊予守との密通、入内取り止め、老人の中務宮との結婚、帝による略奪という曲折を経て女御にまで昇り、伊予守は出家する。
男主人公の側から見れば悲恋遁世談で、女主人公の側からいうと女の出世を描いた物語。

底本には『鎌倉時代物語集成』第二巻を使用。同書は射和文庫本を底本とし、内閣文庫本を部分的に対校している。

中世王朝物語全集、第15回配本。
源氏物語以後、院政期から鎌倉時代にかけて生み出され、今に伝わる王朝物語全集。
原文・現代語訳2段組構成。
待望のシリーズ最新刊!
【編集委員】市古貞次・稲賀敬二・今井源衛・大槻修・鈴木一雄・樋口芳麻呂・三角洋一

ツイートする