日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 小松英雄
  • 笠間書院 (1999年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305701848

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本人も書いているように一般書と学術書の中間みたいな感じ。述べられていること自体は平易なので、学術書に近いといっても読みにくいことはない。むしろそのへんの一般書より読みやすい。

    「言葉の乱れ」論者への歯に衣着せぬ批判が面白いなー。

  • p43~ 連体詞 大きな が生じた理由について

  • P36, 「安定していないのが言語の正常な状態である。」

    言語に正しいとか間違っているという価値基準だけで論じることがいかに言語(国語)学的におかしいかに容易に到達することができるだろう。

    学校の言語(国語、英語)の試験で、正解が一つしかないという強迫観念を植え付けられている人が多過ぎるのかもしれない。

    数学ですら、正解がいくつもある問題を作れることがテレビなどでも紹介されている。

    例えば,
    X ー Y = 1
    のXとYには、いろいろな組み合わせが可能だ。

    言語の問題は、分からないことが一つだという前提が成立することはほぼ不可能なので,解は山の様にあってよい。

    ちょうど、「すべての言語は美しい」という言明と同じように,
    もし「正しい」という概念を言語に導入したければ,
    「すべての言語は正しい」というのが解の一つかもしれない。

    「因習的な国語史から筆者を救いだしてくださったのは亀井孝,河野六郎の両先生である。」
    2人の著作も読んでみよう。

  • ゼミの先生に勧めていただき、読んでみた本。
    ただ単にことばの変化を記述するんじゃなくて、変化を促した(であろう)人々の思いにまで言及しているところが、すごく好き。
    昔の人たちに思いを馳せたくなる読後感。

全4件中 1 - 4件を表示

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史のその他の作品

小松英雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史を本棚に「積読」で登録しているひと

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史の作品紹介

日本人は日本語をどれほど巧みに使いこなしているか。ダイナミックに運用されてきた日本語を根源から説きおこし、日本語の進化の歴史をあきらかにする。

ツイートする