古典再入門―『土佐日記』を入りぐちにして

  • 22人登録
  • 3.89評価
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小松英雄
  • 笠間書院 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305703262

古典再入門―『土佐日記』を入りぐちにしての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『土左日記』の前文を、きちんと見直していきましょうよ!という姿勢に自分の勉強に対する意識を変えられた一冊。

    女である私もしてみようと思って、という女性仮託説を一蹴。いや、一笑?
    最後には「『土左日記』の前文を例にして二種類の助動詞ナリの違いを生徒に教え込むことはやめてほしい」と仰る。痛い。。。

    数多の註釈人に喧嘩を売りまくる小松英雄氏、この人を敵には回したくないと思った。

    ルールブックに則れば間違いは起きないなんて怠惰はやめなさいよ!と鼓舞されてしまった。
    古文との向き合い方、論の詰め方、潰し方は更に参考になった。

    古典文学に携わる学生さんや若い人たちには是非、小松英雄氏に日本語感覚が狂っていると言われないように、熟読してほしい。

  • 非常にスリリングでおもしろい。このように知的興奮に溢れた授業をしたい。

  • をとこもすなる日記といふものををんなもしてみんとてするなり

    漢字(男文字)で書く日記を仮名(女文字)で書いてみる

    仮名表記の世界 墨の濃淡・文字のおおきさ・ことばのきれめ・変体仮名のつかいかた(藤原定家)

全3件中 1 - 3件を表示

小松英雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

古典再入門―『土佐日記』を入りぐちにしてはこんな本です

古典再入門―『土佐日記』を入りぐちにしての作品紹介

この本から、古典の読み方が、変わる。
ひとつの文を完結した表現として分析し、
前後との関係に無頓着な
古典文法はリセット。
断片としての古文から、
文学作品としての古典への再入門。
文献学的アプローチによる表現解析から
土左日記を読みなおす。

古典再入門―『土佐日記』を入りぐちにしてのオンデマンド (ペーパーバック)

古典再入門―『土佐日記』を入りぐちにしてのKindle版

ツイートする