後鳥羽院 (コレクション日本歌人選)

  • 10人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉野朋美
  • 笠間書院 (2012年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305706287

後鳥羽院 (コレクション日本歌人選)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、2階開架 請求記号:911.108//Ko79//28

  • #後鳥羽院 #和歌 雲のうへに春暮れぬとはなけれども馴れにし花の陰ぞ立ち憂き #返歌 空高く秋になり馴れ親しんだ柿の木なき実も見当たらず 源家長日記 

全2件中 1 - 2件を表示

後鳥羽院 (コレクション日本歌人選)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

後鳥羽院 (コレクション日本歌人選)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

後鳥羽院 (コレクション日本歌人選)の作品紹介

うたの森に、ようこそ。
柿本人麻呂から寺山修司、塚本邦雄まで、日本の代表的歌人の秀歌そのものを、堪能できるように編んだ、初めてのアンソロジー、全六〇冊。「コレクション日本歌人選」の、後鳥羽院です。

承久の乱はその本質において、
文藝の問題を武力によつて解決しようとする
無謀な試みだつたのではないか。
わたしにはそんな気がしてならない。 丸谷才一

後鳥羽院 ごとばいん
高倉天皇第四皇子で、源平の争乱のさなかに神器のないまま即位した第八十二代の天皇。譲位後は院政を布(し)き、和歌をはじめ蹴鞠、有職故実(ゆうそくこじつ)研究、水練、馬術、武芸、刀剣の鍛錬とあらゆることに取り組むが、なかでも和歌にのめりこみ、下命した勅撰集『新古今集』ではみずからが編纂の実質的なリーダーとなる。政治と文学、宗教のすべてを手中に収め、国を統(す)べようとした剛毅果敢な帝王。倒幕をめざした承久の乱に敗れて隠岐島に流され、在島十九年ののち同地に薨(こう)じた悲劇の帝王でもある。「ほのぼのと春こそ空に来(き)にけらし天の香具山霞たなびく」に代表されるような、鷹揚で闊達な帝王ぶりの歌をよんだ。

後鳥羽院 (コレクション日本歌人選)はこんな本です

後鳥羽院 (コレクション日本歌人選)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする