日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史

  • 11人登録
  • 1レビュー
著者 : 小松英雄
  • 笠間書院 (2013年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305706836

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔、食わず嫌いで手を出さなかった「名著」

    ムカッと感じる部分も多いが、冷静に、批判的に読んでいくと、筆者の言わんとするところが見えてくる。

    全否定する気はないが、、、、、もう少し、読み込んでみようと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

小松英雄の作品

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史はこんな本です

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史を本棚に「積読」で登録しているひと

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史の作品紹介

古代から現在まで見渡し、変化=進化する日本語のしくみを解き明かす。
未来にも通用する言語変化のメカニズムを打ち立てた、名著の新装版。
【文献時代の日本語に生じた諸変化のもたらした結果を個々に査定すると、いずれの場合にも、体系の不備やひずみが解消され、運用効率が高められている。その意味で、すべての変化は起こるべくして起こっている。この経験則は、あらゆる言語に当てはまるであろう。したがって、現代日本語に進行しつつある変化だけがその例外ではありえない。】……本書より

日本語はなぜ変化するか―母語としての日本語の歴史の単行本

ツイートする