日韓怪異論: 死と救済の物語を読み解く

  • 1人登録
制作 : 清泉女子大学「日本文学と怪異」研究会 
  • 笠間書院 (2017年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305708489

日韓怪異論: 死と救済の物語を読み解くを本棚に登録しているひと

日韓怪異論: 死と救済の物語を読み解くの作品紹介

何が〈救い〉で何が〈苦〉なのか、怪異から死生観がわかる

『今昔物語集』、『源氏物語』、能『鵺』、『平家物語』、『万の文反古』、『閑際筆記』、幸田露伴、泉鏡花、『淑英娘子伝』、水陸斎、野談、鬼神死生論、「あの世伝」、「淑香伝」、『三韓拾遺』......
学問のジャンルを超え「人間」と「社会」を捉える際に有効な視点である怪異研究と、東アジアという比較文芸の両視点を取り入れ、〈死と救済〉を全体テーマのもと、日韓のひとびとの死生観を考察する。

日韓怪異論: 死と救済の物語を読み解くはこんな本です

ツイートする