建築と断絶

  • 60人登録
  • 3.29評価
    • (4)
    • (1)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Bernard Tschumi  山形 浩生 
  • 鹿島出版会 (1996年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784306043428

建築と断絶の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 観念屋としてのチュミがもろに現れている一冊。
    文章は断片的で飛び飛びなイメージで非常に読みにくい。

  • 部分的にわかるような内容もあるものの、話が断絶しているというか…一度読んだだけではほとんど理解できなかった。悔しいのでまた読み直します。笑

  • 内容が難しすぎて、いまいち理解できなかった。
    勉強不足です。

  • 内容(「MARC」データベースより)
    「形態と機能の断絶こそが現実的な建築や都市のありようである」という主張のもとに、過激な建築論を展開する。現代思想的言及の多い建築家である著者による、初の論集。
    目次
    1 空間(建築のパラドックス
    空間の問題
    建築と侵犯
    建築の快楽)
    2 プログラム(建築と限界
    空間とイベント
    シークェンス)
    3 断絶(狂気と組み合わせ的なるもの
    抽象的媒介と戦略
    断絶 ほか)

全4件中 1 - 4件を表示

ベルナール・チュミの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イタロ カルヴィ...
R.ヴェンチュー...
ノルベルグ・シュ...
ガストン バシュ...
ケヴィン リンチ
アルド・ロッシ
有効な右矢印 無効な右矢印

建築と断絶を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする