建物のあいだのアクティビティ (SD選書)

  • 43人登録
  • 3.88評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Jan Gehl  北原 理雄 
  • 鹿島出版会 (2011年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784306052581

建物のあいだのアクティビティ (SD選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アクティビティーを切り口とした設計の重要性について。

    「ハード」に出来ること
    地:空間構造と社会構造の整合
    図:大中小規模における適切なデザインの必要性

    具体的なデザインの打ち手

    文化、風土を踏まえる

  • 街の中に賑わい(アクティビティ)を生み出すためには、人々の視線や行動をする時の心理的な要因の基本パターンをよく理解したうえで、建物のアクセスや広場、通りなどを注意深く計画していくことが大切ということが分かる本。

    この本に書かれていること1つ1つは読めば自分の感覚的にも簡単に納得できるシンプルなルールだ。しかし、実際に都市や建物の計画にそれが活かされていることはあまりない。

    逆に、賑わいの形成のためにイベントやブランド店、大型ディスプレーなどの大掛かりな仕掛けが用いられることが多いように思う。それらはある程度賑わいを作り出せるものの、持続させるためには常に更新し、費用を投じ続けていかなければいけない。

    また、都心の繁華街であればそのような仕掛けも導入できるのだろうが、住宅地で人の目が行き届いて安全かつ安心な場をつくるといった場面では、そのような費用のかかる取り組みはほとんど不可能だろう。

    そのようなことをする前に、この本に書かれている空間、建物の用途とアクティビティの基本的な関係をしっかり理解しておくことが非常に大切なのだと思う。

    シンプルな表現と具体的な事例(写真や図面を含む)で、丁寧に教えてくれる非常に良い本だと感じた。

全2件中 1 - 2件を表示

ヤン・ゲールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ル・コルビュジェ
R.ヴェンチュー...
ジェイン ジェイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

建物のあいだのアクティビティ (SD選書)はこんな本です

建物のあいだのアクティビティ (SD選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

建物のあいだのアクティビティ (SD選書)の作品紹介

街に生き生きとしたふれあいを育てる屋外空間の条件とは。人々の日常の活動に焦点を当て、都市のスケールから街角のディテールまで、きめ細かく論じる。

ツイートする