トラヴァース

  • 13人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 南泰裕
  • 鹿島出版会 (2006年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784306072558

トラヴァースの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんだか問題意識が読めないのは、「思考の自由」を前提として書きはじめたら都市の本になっていた、という点にあるのだろう。知的興奮は味わえた。

  • 最初の小説を読んでみて村上春樹を想像した人は僕だけじゃないはず。読みやすいし、ひっくりがえしぐあいもいい。そして建築的にもおもしろい。すごいね、この建築家。

全2件中 1 - 2件を表示

南泰裕の作品

トラヴァースはこんな本です

トラヴァースの作品紹介

都市を把握し、記すことの可能性を求め、動き続けてきた建築家が紡ぐ思考の織物。単位、距離、速度、モデル、東京、湾岸、住居…臨界点に達した現代都市に絡み合う問題系を精緻な言葉の連なりで解く横断的論考集。

ツイートする