がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン 2011年版

  • 19人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 日本緩和医療学会緩和医療ガイドライン作成委員会 
  • 金原出版 (2011年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784307101578

がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン 2011年版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • WB310
    日本緩和医療学会webにpdfあり
    https://www.jspm.ne.jp/guidelines/gastro/2011/index.php

    『緩和医療の実践において重要な課題の一つである消化器症状の緩和に関するガイドライン。嘔気・嘔吐はがん患者には一般的な症状で、臨床現場において症状緩和が求められる場面は多い。しかしその原因・病態は様々である。本書では嘔気・嘔吐および悪性消化管閉塞の薬物療法について4の臨床疑問を用意し、制吐薬を中心にエビデンスに基づく治療指針を示した。さらに悪性腹水、便秘については「関連する特定の病態」として取扱い、治療選択の考え方などを呈示した。』

    I章 はじめに
     1.ガイドラインの目的
     2.ガイドラインの使用上の注意
     3.推奨の強さとエビデンスレベル
     4.用語の定義と概念

    II章 背景知識
     1.嘔気・嘔吐の病態生理
     2.嘔気・嘔吐の原因
     3.嘔気・嘔吐の評価
     4.身体所見と検査
     5.薬剤の解説
     1.ドパミンD2受容体拮抗薬
     
    III章 推奨
    ■推奨の概要
     1.嘔気・嘔吐の薬物療法
     2.悪性消化管閉塞の薬物療法

    IV章 関連する特定の病態の治療と非薬物療法
     1.特定の病態に対する治療
     2.非薬物療法
     
    V章 資料
     1.作成過程
     2.文献検索式
     3.海外他機関によるガイドラインの要約
     4.今後の検討課題

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 494.5@N103@1(2011)
    Book ID : 80100445764

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:QZ266||G2||2011
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=162155

  • -

    2階書架 : QZ266/NIH/2011 : 3410155841

全4件中 1 - 4件を表示

がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン 2011年版はこんな本です

がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン 2011年版を本棚に「読みたい」で登録しているひと

がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン 2011年版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン 2011年版を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする