少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行く

  • 149人登録
  • 3.30評価
    • (10)
    • (14)
    • (64)
    • (2)
    • (2)
  • 13レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • 河出書房新社 (1992年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (61ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309007410

少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少年アリスシリーズ。

  • 自分には難しい世界観だった。

  • 前半は「少年アリス」のイラスト集、後半は短編小説。

    ニッケル月の夜、少年アリスが不思議の国のアリスに出てくるような生き物たちのお茶会に出くわす。

    短編だけれど雰囲気があって素敵。
    シロウサギを追い掛ける前に戻ったアリスは望んだ通りに今度は蜜蜂と一緒にお茶会に出るのだろうなあ。

  • 不思議な読後感。

  •  
    ◆◇◆outline◆◇◆
    ニッケル月が輝く夜、アリスは卵の殻に絵の具で色を付けていた。
    そこへシロウサギが通りかかり、アリスはウサギを追って不思議の国へ…。
    「少年アリス」の幻のイラストレーションとお話をカップリング。

  • 少年アリスの番外編。

    イースター用の卵を作っていたアリスが、シロウサギを追って林の中でヘンテコなお茶会に参加する。

    蜜蜂みたいに行動しようとしてみるアリスが微笑ましい。

    最初に掲載されているイラスト集で「少年アリス」を思い返しつつ、

    なごやかに楽しめました。

  • 少年アリスの番外編で、うさぎたちのお茶会とアリスの不思議な体験が面白かった。
    冒頭部分の長野さんの絵も素敵。

  • 図書館にて。
    やっぱりアリス、かわいいなぁ。

  • 少年アリスの番外編。短編でした。
    長野さんの本は基本大好きです。表現が綺麗なんだモン!!

  • 読んでみたい1冊。

全13件中 1 - 10件を表示

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行くに関連するまとめ

少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行くはこんな本です

少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行くを本棚に「読みたい」で登録しているひと

少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行くを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年アリス―三月うさぎのお茶会へ行くを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする