男の子女の子

  • 50人登録
  • 3.41評価
    • (6)
    • (5)
    • (21)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 鈴木清剛
  • 河出書房新社 (1999年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309013114

男の子女の子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たいしたストーリー立てのない話で、著者の感性の押しつけみたいでうぜーって思ったけど、屋上のぼるとことかの描写は思うとこあった

  • テンポと若さと勢いで書き上げたのか、計算した空気感なのかは分からないけど、軽さが好き。
    サワとツオチャンのだらだらしている感じも懐かしい。

    美大浪人生+ファッション+音楽のように流れる文章。ってまさに10年前の私ホイホイです。

    今読んだらまた違うんだろうね。

  • ヒロインがかわいかった。全体的にふわふわした雰囲気にのまれたかんじ。もう少しまとまりがほしかったかなー

  • あんまり数読んでないけど鈴木作品で一番好きかも

  • 空気感がいい

  • 鈴木正清剛の中で一番好きかな。主人公二人の奇妙な付き合いからが。

  • 男の子と女の子つなげれば即席の永遠ができあがる。
    関西弁の女の子サワちゃんの性格、すごい好きだなぁ。キュート。
    ごめんちょんまげー。

全8件中 1 - 8件を表示

鈴木清剛の作品

男の子女の子はこんな本です

男の子女の子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

男の子女の子の作品紹介

出口と入口、空と海などをつなげれば、即席の永遠ができあがる。各紙誌で絶賛された三島由紀夫賞受賞第1作。

男の子女の子の文庫

ツイートする