江戸まぼろし草子

  • 19人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 海野弘
  • 河出書房新社 (2003年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309015989

江戸まぼろし草子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特に心に残ったのが…

     忠臣蔵裏話「二つの竹」
     小さな事が人の運命を大きく左右する「材木屋の隠居」
     弓に熱中した旗本の恋「矢取女」
     「奥の細道」結びの地・大垣で松尾芭蕉と弟子の秘話「芭蕉とその弟子」
     見世物小屋の男と画家とのつかの間の友情「石の男」

  • 江戸シリーズ5作目(これだけでも読めます。)
    「江戸」という時代で悩み、生きた人たちの生き様をほんの少し見た感じ。なんでこう「江戸」という時代・場所には不思議な魅力があるんだろうか。それこそ「まぼろし」の時代であるようなつかめそうでつかめないものが次々と出てくる。

  • お侍さん最高。

全3件中 1 - 3件を表示

海野弘の作品

江戸まぼろし草子はこんな本です

江戸まぼろし草子の作品紹介

江戸の町を舞台に繰り広げられる至極の不思議小説集。

ツイートする