文藝ガーリッシュ 素敵な本に選ばれたくて。

  • 258人登録
  • 3.51評価
    • (19)
    • (18)
    • (51)
    • (4)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 千野帽子
  • 河出書房新社 (2006年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309017853

文藝ガーリッシュ 素敵な本に選ばれたくて。の感想・レビュー・書評

  • 素敵な本に選ばれたい。私はつねづねさう思つてゐます。
    読みたい、読みたい。一日中ひとりっきりで読みたいよ。そして毒にあたりたい。

  • 図書館

    初めて知った本で読んでみようかなと思ったのは、『高台にある家』『雪の断章』『緋色囁き』『のら猫トラトラ』

  • 軽々しく口に出すことができないくらい、本が好き。ベストセラーばかり読んで読書好きを公言しているような、ミーハーな読書好き女子達と一緒にしてほしくない。そんな「志は高く心は狭い文化系小娘」のためのブックガイド。紹介されているのは少女小説ばかりですべて国内作品。未読作品ばかりで読みたい本が一気に増えた。特に、尾崎翠「第七官界彷徨」、森田たま「石狩少女」、三島由紀夫「夏子の冒険」、野溝七生子「山梔」。私が本を選ぶのではなく、本が私を選ぶのだということを心にとめておこう。

  • 「はじめに」の数行を読んですぐに、「これはOlive少女のための本だ。」と感じた。一度は読んでみたかったOlive。そういえば、かわいらしいけどコケティッシュで芯の強いあの子も、かつてはOlive少女だったとか…。

    この本で紹介されているような「少女」な分野は、私はどちらかというと不得手だけど、それでも読んでみたいと思う本が数冊あった。
    簡潔で、でも単純じゃなく、引き込ませるブックガイド本と言える。

  • 読みたいと思う本が沢山出て来て嬉しいけど、辛い(笑)。

  • 116、「憂鬱」な女子の例として、Coccoあげるなよ、とファンの声です。彼女がそういう文脈で言ったのだかしらない(というか、そういうので言っただろう)けど、ここで並べたら、ほんとに、そういう音楽みたいじゃないか。

  • ずっと、買って読んで、途中でやめて、今回読み終えました。もちろんこの中で紹介されていて、読んでない本は読みたくなりました。

    まあ、自分の好きなジャンルは、年齢関係なく好きなの!って言いたいです。
    イタイところもありますが。

  • 川上未映子さんのおすすめ(07年ころのブログだったか)であり、
    表紙がすてき、そして「文藝ガーリッシュ」という言葉に惹かれて購入。
    選ぶ本選ぶ本結構知らなくて気になる気になる。

    そして自分が少女漫画やこういったガーリッシュへの憧憬があることを改めて知ってしまった。
    (ボーイッシュを気取っているのに…いつもは…。)

    仕方にゃい。

    一冊の紹介は二ページほど。
    マメ知識も豊富で面白いが筋だけを追ってしまっているように見える紹介も。舶来編はしばらく読まないかも。

    三島由紀夫のガーリー作品は神です(笑)
    『夏子の冒険』が取り上げられていたのは嬉しかった~

  • ヲトメにはたまらない文学ガイド。あれもこれも読んでみたくなる。

  • 「読者が本を選ぶのではなく、本が読者を選ぶのです。」
    本当に、そうだと思います。
    これに紹介されている本はどれも面白くて、読んでいくのが楽しみです。全部読破したいと思う反面、残しておきたいと思ってしまいます。
    オススメ!

  • 千野さんの少女論(少女趣味論)が興味深い。少女趣味のダークサイド、排他性、きっと誰もが持ち合わせている。読みたい本が増えました。まずは第七官界彷徨を読もうと思います。

  • 『文藝ガーリッシュ』は、「古本屋さんと喫茶店のハシゴがやめられない」女子にうってつけのブックガイドだ。また、世界がどちらに回ろうとも、自分のお気に入りを軸にとり続ける、どこか遠くの孤独な彼女に宛てた、長い手紙でもある……

    <古書店とレトロ喫茶の往復世界で暮らしたいよ>
    http://khipu.jp/php5/show.php/50359

  • 『讀者が本を選ぶのではなく、本が讀者を選ぶのです、、、』と、この本の初めに著者が書き記しているとおり、この本を手に取った瞬間に、ああ、自分は読むべくしてこの本と出会ったのだと感じた。これは掘り出し物。副題に『−素敵な本の選ばれたくて』とある。(…たくてという表現になかなか含蓄あり) どう説明すればいいのか分らないのだけれど、著者の意図では本当の本好きの少女のためのガーリッシュな日本文学100年ガイドブックを作りたくて書き上げたものとのこと。つまり、ちょっとハイセンスな文學少女向けのブック・ガイドだ。新聞連載ものを中心に全部で69冊の読み物が、10のカテゴリーに分けられて紹介されている。 その紹介の仕方がユニーク。まず、表題に本の中味を象徴するかのような一節を掲げ、図版と共に題名と著者を記し、その後に実に簡潔にプロットを紹介する。そこから展開される、著者紹介と時代その他の背景説明、あるいはその本の持つ文学的価値(もちろんガーリッシュな意味で)など、およそ1500 字弱の紹介は、なかなかに濃くて熱い。特にラスト一行で決める評価にキレがあって鋭い。

  • この凝った装丁と造本に評価5! おんなのこにうまれてよかった。

  • いつまでも少女のままでいたい!

  • 2009.12
    文藝ガーリッシュ=志は高く心は狭い文化系小娘ためのジャンル、とのこと。
    そのジャンルの本がたくさん紹介されています。
    偏りがあるのはもちろんだけど、自分がまだ知らなくって(ほとんど知らなかった)、でも読むべき本というのがたくさんあることが知れたので嬉しい。

  • 知らなかった作家さんもたくさんいて、小説読みたい欲が刺激されたー!

  • この一冊で、どれだけの本と出会えたかわからない。

    この本で知って、まだまだ読んでいない、読みたい本はたくさんある。
    贅沢だなーと思う。

  • なかなか面白い内容でした。
    昔の小説が多く紹介されていて、ちょっと想像していたのとは違ったけれど。
    私も結構ガーリッシュ?って思っていたけれど、この本を読んで、私は似非ガーリッシュなんだわぁと判明しました。
    奥深き乙女の世界です。

  • 志は高く、心は狭く!

  • 紹介されている本を片っ端から読んでいきたくなりました。でも自分で選べないようでは、ガーリッシュ失格ですね。

  • とりあえず面白そうな本探しに。。。

  • 女子どうしだから解り合える、なんて嘘。
    女だからって、あんな女と一緒にしないでくれる?

  • 「等身大」「本音」「自分探し」のたぐいの言葉が、正直、苦手。だけど、ガーリッシュって語感も嫌いです。

全30件中 1 - 25件を表示

文藝ガーリッシュ 素敵な本に選ばれたくて。に関連する談話室の質問

文藝ガーリッシュ 素敵な本に選ばれたくて。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文藝ガーリッシュ 素敵な本に選ばれたくて。を本棚に「積読」で登録しているひと

文藝ガーリッシュ 素敵な本に選ばれたくて。はこんな本です

ツイートする