ボーダー&レス

  • 172人登録
  • 3.87評価
    • (18)
    • (34)
    • (22)
    • (3)
    • (0)
  • 47レビュー
著者 : 藤代泉
  • 河出書房新社 (2009年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309019475

ボーダー&レスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんだ、このすがすがしい読了感は?
    若い人の、斜に構えず、正面から向き合おうする姿勢を、きっちり書ききろうとする態度が潔い。

  • 新入社員の主人公と同期の在日韓国人との友情をテーマとした小説。なかなか考えさせられる内容だった。この世界には、普段意識していなくとも、いろいろな溝があるという現実、また、その溝にどこまで踏み込んでいくべきか、と難問に思いをめぐらせた。

  • 読みやすかった

  • 在日の同期との友情。
    意外と心に響いたのは親の有り難み。

  • 入社式で出会った日本人江口理倫(りーりん)と、日本生まれ日本育ちの在日3世趙成佑(ソンウ)との話。

    どこにでもありそうなりーりんの視点で話が進んでいくが、在日問題についてはそれほど深く踏み込んだ話でもなかった。

    本当にありがちな話ゆえに、良くも悪くもなく重くなくて読みやすい。

    確かに青春小説だった。

  • 日本人から見た、在日問題。

    最近は少しずつ偏見の目も少なくなって、若者はそんなに気にしない、と思っていた。

    だけどそれは、ただ目を背け、なかったことにして生きているのに過ぎないのかもしれない、と感じた。


    最近は私もある意味で偏見を受ける(と感じる)立場になって、それに「慣れた」と言いながら、自分の心の中でどうしようもない思いを抱えるソンウが自分と少しだけ、重なって見えた。
    だから主人公には多少苛々するところがあった。

    でもきっと、私も主人公側に立ち、無関心であったり、そういったことが、誰かを傷つけていることがあるのだろう、と思った。

  • なかなかおもしろかった

  • 新卒で入社した会社で出会った同期の趙成佑(チョソンウ)は
    日本生まれ日本育ちの、在日韓国人だった。

    共に時間を過ごし、女の子関係にときに悩むたびに
    僕はソンウと酒を飲みながら交流を深めていった。

    国とか民族だとか、そんなことは関係なしにただソンウという人が
    友人として大切だと思いながらも
    どこかそういったものに触れるのを避けていた。

    目には見えない溝で、二人の間がふさがれそうになったとき。

    社内メールのやり取り、どぎついスーツを着る社長に痔の上司
    フットサルのメンバーやら元カノ、趣味のいい男前の飯尾
    喫煙所でだべっている僕と、独特で繊細なソンウとの青春。

    おもしろ~い!

    ソンウのキャラがいいね。
    寺内が子持ちの母親を罵る言葉にたいしての僕の心情とかもいい。

    在日だとか国籍だとか、本当にそんなものは気にしないと思うけど
    けれどまったく無視することとか、無視してはいけないような感じだ。

    あ~この人の他の本も読みたかったよ~)^o^(

  • 日本人側から見た在日のひとの葛藤を描いた小説。学生のときに一度読んでいたが、働き出してから読むとじわりとくるものがあった。
    普段、日本で日本人として暮らしていればあまり感じることはない在日問題。でもそれは見て見ぬフリをしてるだけで、薄くなってもしっかりと溝があるということを在日にのひとは知っているし、そういうひとを執拗に攻撃するひともいる。そういったことを小説の中で在日であるソンウは、語らないのか向き合わないのか、と怒る。

    気づかないだけで世の中に溝はあるし、いたるところで区切られてる。
    在日とか日本人の話じゃなくて、都道府県が変われば電話番号も変わるし、女のひとだって子どもが出来れば母親の区切りに入る。同じ会社でも部署が変われば仕事はぜんぜん違う。電車のなかでマスターベーションをすればもちろん捕まるけど、自宅ですれば問題ない。
    あらゆる溝というか区切りというか、そういうものたちとぶつかり、対比させている素晴らしい作品だった。口語体の文章も読みやすい。

  • 新卒の在日韓国人と日本人の話。
    がっちりとした友情を結んでいるようでも、どうしようもない溝は存在する。

    2人の漫才のような掛け合いが面白い。

    日本においての在日韓国人のあり方や「愛は暴力だけど、暴力は愛じゃない」という言葉には考えさせられた

全47件中 1 - 10件を表示

ボーダー&レスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボーダー&レスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボーダー&レスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボーダー&レスを本棚に「積読」で登録しているひと

ボーダー&レスの作品紹介

この世界はどこにだって、見えない溝がある。たとえば僕ら二人の間にも。-新入社員の僕とソンウの友情を描く話題の青春小説。第46回文藝賞受賞作。

ツイートする