異性

  • 1432人登録
  • 3.54評価
    • (71)
    • (200)
    • (195)
    • (39)
    • (11)
  • 225レビュー
  • 河出書房新社 (2012年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021041

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

異性の感想・レビュー・書評

  •  穂村弘氏と角田光代氏が「異性」について語る、リレー式エッセイ。ウンウンとヘッドバンキングするかのごとく頷く内容もあれば、「それ、男女の差で片付けるのは乱暴でしょ!」って突っ込んでしまう内容もあり、飲み屋であーだこーだ喋ってる気分になってくる。こんなに鋭い切り口に持っていけるのは、このお二人だからに他ならないけれど。
     生物学的に言えば、男性と女性では子孫の残し方が異なるから、相容れない部分があるのは仕方あるまい。恋愛は、絶妙なバランスで成り立っているよなあと、改めて思った。

  • 男女のことって尽きない、面白い話題だ。
    お二人がずっと喋って(本だけど)るの見ていられる。
    見ていられるし、自分も喋りたいことが出てきて、己の中の新しい思いを発見したというか。
    三浦しをん氏とも、してくれませんか?穂村さん・・・。

  • 大好きな作家さん2人の本なので
    きっとおもしろいだろうと
    期待していたけど
    それを上回る読後感!
    恋愛=自分の一番の関心ごと について
    交換日記のような形式で書かれていて
    もう、サクサクサクサク読めました
    おおかた、
    女性側の角田さんに共感するものの
    たまに穂村さんにも共感したり、、、
    あ〜おもしろかった。
    色々な人に勧めたくなる1冊です。

  • 角田光代、穂村弘が交代で異性について語った恋愛エッセイ。それぞれが独特の感覚でつながってゆく論点が、面白くでも感性豊かに紡がれているところが好感がもてる良書。

  •  穂村さんと角田さんの往復書簡形式で進む恋愛エッセイ。読んでいると男女どちらの言い分も共感できる。
     特に「好きな人」「まあまあ」「眼中にない人」の区分けは初対面の最初数秒で決まる女の残酷さ、すごくよく分かる。しかも一度区分けされるとそこからの転換はほぼないのだから怖いし、逆に考えると最初の判断ミスで実はものすごく相性のいい人を弾いてしまっている可能性もあるのだけど。
     あと、モテとは美醜や内面じゃなく心のスペースであるということ、分かってはいるけど耳が痛い…。

  • 穂村弘がすごく好き。
    自分の感情には素直なのに、不器用でうまく表現できないところや、ちょっとずれてる所が良い。
    背伸びせずに、自分たちのペースで一緒に恋愛してくれそう。

  • 「異性」に関するお二人のリレー形式のエッセイ。オトコノコの不思議、オンナノコの不思議。共感できるところたくさん。お二人の鋭い切り口、考察に目から鱗。結局わからないところがあるから異性に魅かれるのでしょうかね。あのセリフの裏側に隠された真意とかなー。参考になります、穂村さん。2013/200

  • 対談形式よりもずっと読みやすい。
    私的すぎて閉口する場面もなくはなかったが、そこも含めて。
    すべての男性、女性の意見とは言わないけれども、性差を見事に言葉で表している。正しくは性差からくる個人の差異、かな。

  • 30.03.15
    男の側と、女の側とから、恋愛についてあれやこれや。
    どちらの意見にも、ほほぉそうなのね、と感心。

  • 角田さんと穂村さん、それぞれの綴った文章から男女のことについて実際にあったことを踏まえながらやりとりしていく。
    このやりとり自体も読んでいて楽しかったのだが、お互いが綴っている内容も大変興味深く思わず納得させられることが多かった。

    そのうちのひとつ…

    たぶん、女性の脳は圧倒的に現在優位なんだろう。そう考えることで、私はこの現象を自分自身に納得させてきた。女性にとって「今」が全て。だから、そこまでの経緯がおごりか割り勘かは、「今」となっては問題にならない。
    一方、男性たちは過去から「今」までを連続的に捉える傾向がある。過去の女性たちとの思い出を或る種の資産のように思ってみたり、「戦国武将でいうと俺は信長タイプ」と大真面目に語ってみたり。男性の脳内では過去から「今」までの時間が一直線に繋がって並んでいるのだろう。(p30-31)

  • 穂村さん、角田さんという
    好きな作家さんのリレー式エッセイ。

    異性も恋愛も形なし。
    だから頭で考えようとする。
    感情だけでは覚束なくて
    足元がふらつくときもあるから。

    そう思っている私には
    本一冊を脳内に入れて
    辞書化したい一冊でした。

    相容れないんだよなあ
    そして好きになったら
    頭はどこかで考えることを停止させようとする。

    ブレーキとギアの繰り返しでした。

  • 異性についてふたりが文通しているみたいなエッセイ。
    名前の通り角ばった角(つの)を食い込ませてくる角田さんと、ただでさえ掴めない輪郭をさらにほわほわと滲ませてくるほむほむ。
    大人の男女が触れる異性の真理は、核心をつきすぎている!

  • 往復エッセイだけれども
    表現巧者の2人だから
    男女の違いについて
    なんだかとてもすごい高みに上っていく気がする

    何か所も引用しておきたくなる本

    ずっと往復していくことが
    可能じゃないか
    と思わせる終わり方

  • 可もなく不可もなく。

  • 二人とも好きだから買ってみて、あーなるほどねーって思うとこもあったけど、なんとなく流し読みしてしまった。2人それぞれの恋愛としては理解できるけど、世代が違うから自分に置き換えられないものもしばしば。

  • 男性、女性両方の恋愛に関する様々な考察。身に覚えがあることが多くありドキッとしたし、あれはなんだったんだろうと疑問に思っていることが解明したり、こう思うのは自分だけ?自分はおかしいのではと思っていたことが案外普通のことだったり、発見が多くあった。

  • なるほどなあと思う。

  • 交換日記のようなエッセイだったが、なかなか同意できる部分も多くて面白く読んだ。バルーンすかーとのくだりは、その解釈と見抜いた女性にドキッとしました。

  • 穂村弘と角田光代が飲み屋で恋愛談義しているような本。
    どちらも好きな作家!

    割と混んでる電車で読んでいたら、目の前にいた女子高生三人が私を見て?笑っている気がする。
    『ちょっとちょっと、あんな本読んでるよー』みたいな眼?
    えー別にそんな本か、タイトルか。
    自意識過剰かな。。


    モテ、非モテ、恋愛カースト
    主電源オフなら何してももてない。
    …etcについて、2人の見解が交互に出てくる。往復書簡のようであり、2人で雑談してるみたい。

    二村ヒトシを混ぜて対談してもらいたい。

  • 不毛の会話過ぎて、途中で読む気が失せた。永遠に解り合えないことを議論すること自体、時間の無駄な気がする。

  • わたしが女だからだろうけど、ほむほむの指摘が意外だったり鋭かったりで唸りまくり。雑誌に交代で連載してたのかな、なんかふたりの往復書簡を盗み見てるような感覚もたのしい。

  • この二人めっちゃもてるだろうな

  • 2014.6.16読了
    角田光代と穂村弘の文通みたいなエッセイ。
    男女の感じ方の違いをいろいろな視点で書いてあって面白かった。
    もっと早く読めばよかったなぁ

  • おもしろかった。
    見事におもしろかった
    意識の違いって、こんなに明確に分析表現できるものなんだなぁ。

    なんとなく、最後の方の物語云々を読んで恋愛をするには自分が主人公になることが必要なのかな。
    特に女性には。そう感じた。
    いや、自分の人生の主人公は自分自身ですよ的論法は承知してるんだが、それよりも明確な物語化というか。
    言うなれば他人に自分のラブストーリーを語ることを恐れない主人公気質…
    男性はそれが過去の武勇伝になっちゃうんだろうなぁと会社のおっさんたちを見てて思った。

全225件中 1 - 25件を表示

異性を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

異性を本棚に「積読」で登録しているひと

異性の作品紹介

好きだから許せる? 好きだけど許せない? 男と女は互いにひかれあいながら、どうしてわかりあえないのか。カクちゃん(角田光代)&ほむほむ(穂村弘)が、男と女についてとことん考えた、恋愛考察エッセイ。

異性のKindle版

ツイートする