スタッキング可能

  • 1160人登録
  • 3.19評価
    • (48)
    • (99)
    • (115)
    • (62)
    • (33)
  • 162レビュー
著者 : 松田青子
  • 河出書房新社 (2013年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021508

スタッキング可能の感想・レビュー・書評

  • 本の作りに馴染めず、序盤は混乱して読むのをやめようかなと思いました(笑)

    でも「こういうことか!」とわかってからは、細かい台詞のあるあるがあまりにも多すぎて、楽しくなってきます。特に女性は共感できるところが多いだろうなぁ…よくわかるわかる…

  • 働く人たちの「レッテル」と「スタッキング」。そんなことを繰り返しながら生きていくのが大人。

  • 初松田青子、表紙にひかれて手に取った。この独特なリズム感、言葉遊び、ちょっとめんどい感じ、中年あたりにはグッとくる。マーガレットハウエル→マーガレットは植える!センスフルかつ遊び心満載。

  • 著者のツイッターをフォローしていて、著者のつぶやきも楽しんでいます。この本のレビューがものすごい高評価だったので読んでみましたが、残念ながら私には合わなかったようです。

    根が単純な人間なので、読み始めた瞬間、状況が想像できて、感情移入できるストーリーじゃないと、少なくとも今の私は楽しめないなーと気付かされました。

    残念。

  • 演劇をやっている人特有のユーモアを含んだ『ウォータープルーフ嘘ばっかり』で各短編を挟み込む作りが気に入っています。

  • デザインも含めて、女の子のための本。ちょっとサブカルに興味のある女の子が本棚に置いてあるのにうってつけ?
    毎日オフィスでポストイットをめちゃくちゃ使う。し、ポストイットなんかないほうがいいんじゃないかなとかポストイットの代わりに何か電子媒体みたいな実態のない資源の無駄にならない発明ができないのかなって思う。
    だけど、仕事してるうちに、わたしたちもポストイット、色や形がすこし違うだけでtodoを書かれてそれを実行するポストイットなんだな、とか感じることもある。

    「スタッキング可能」はそんな調子で楽しく読めたんだけど、それからが長くて胃もたれした。はまるひとははまるし、記号学とか勉強した人だともっと面白いのかも!

  • 表題の「スタッキング可能」は面白かった。
    独特な語り口で、読む人によってはふざけていると取られかねないが、実は結構真理をついた内容だったりする。
    相手のことを慮っているつもりでも、独りよがりでむしろ相手に全く響かないこともある。
    当人の気持ちなんて当人にしか分からないのである。
    「もうすぐ結婚する女」は、シュチュエーションが読めず意味不明だった。
    テンポの良い文章だった分消化不良に終わった。
    「ウォータープルーフ嘘ばっかり!」シリーズは、単純に面白かった。
    広瀬香美のくだりや、コトコトについての反発は著者の価値観が凝縮されているようにも思った。
    同世代ならではの楽しさがあった。
    他の作品も読んでみようと思う。

  • 一時話題になっていた作品。
    シュールとかアイロニックという噂で気になっていたのに、全くハマらず時間を損した気分。

    表題作から派遣社員とか一般社員とか、っていうか一般的な女子社員の生態というのが、私にはとんと分からんな、と改めて思った。仕事をする上で、男か女かとかに囚われすぎるの、バカバカしいと思ってしまう。社内の人間関係なんかに無駄に心を砕くより、もっと面白いことが世の中にはたくさんあるのに!

    社会に出てこのかた、女だとかどうとかはあんまり気にせず、イベント屋さんとして社外に出て、楽しんだり苦しんだり仕事に一喜一憂してきた自分には、この作品を理解するには若干世間一般の感覚が足りないのかもしれない。別にそれを不幸だとも残念とも思わない。

    だいたい、社会人として当たり前に学ぶことをスタンド能力だとか言ってるバカ男なんているんだろうか。。。

    「ウォータープルーフ嘘ばっかり!」は素直に面白かった。ちふれ、信じかける。笑

    --

  • おもしろい。私は好き。
    テンポの良さと、心地よい支離滅裂というか、ナチュラルにある卑屈感と人を見下ろす優越感。

  •  表題作がとても印象的。人生はまさにスタッキング可能であり、とある人の人生の積み重ねとまた違う人の人生の積み重ねが積み重なって日々は良くも悪くも続いていくのだなぁと感じた。また、三人称が全てアルファベットであることも印象的で、会社において個人は代替可能であることが風刺されていると捉えた。という意味では寓話的でありながらリアリティー溢れる作品。表題作以外もとっても面白くて、今後著者を追いかけたくなった。

  • 初読。

    え〜?なんだろ…?と
    最初はエレベーターの階数表示とアルファベットを
    突き合わせてたんだけど、だんだんそれ自体には意味はないというか
    効果の一つではあるんだけど、あんまりそこに囚われない方がいいというかの
    普遍的な印象、アイロニーはあるんだけど
    私は負の感情よりもなんかいい感じに捉えました

    あるあるネタだけじゃなくて、取るに足らない描写をされて
    取るに足らない印象のキャラクターが本当にその通りの
    取るに足らない人物ってわけじゃないよねーって

    もうすぐ結婚する女も表題作と同じ手法かなぁ
    マーガレットは植えるはこの中では異色
    ウォータープルーフ嘘ばっかり!、まぁオモロいねwー

  • Twitter文学賞国内1位。作家は35歳の女性、美人である。一言でいうと「アラサー女性の生態をリアルに捉えた」となろう。OLが昼休みに男の品定めや合コン話をし、女同士の嫉妬があり、女をお飾りにしか思っていない同僚やわけのわからない上司がいる。ファッションブランドやSNSに関する固有名詞をふんだんに散りばめて「リアル感」を強調する。しかし今のアラサー女性でマイミクはないんじゃない?そういうのが詰めが甘い。
    皮肉が効いていて面白くはあるが、「レベルが低いOLの生態を、ジェンダーの観点から切り取ってみました」という「知的な作家」の上から目線が透けて見えて、やけに作為的に感じた。そして、そのトーンで1冊やり続けられると、鼻につく。2013年出版なのにもう新しさを感じないし、作品の寿命が短かそうだ。

  • ちょっとわたしには読みにくかった。
    文体がなんだか狙いすぎているとゆうか、、、。
    新しいのかな?

    2013/1/20 河出書房新社
    装画:金氏徹平
    装幀:名久井直子

  • 15/04/11
    A田だのB田だの人物がわけわからない。それが著者の意図なんだろうけど、ひねくれてるなあ。

    P74『スタッキング可能』
    「やりがい」とか「キャリアアップ」とか「自分らしく働けます」とかどうでもいい。そんなの知るか。テレビや雑誌やネットや電車の中吊りに躍るそれらの言葉たちが片腹痛くて仕方なかった。年中ディズニー気分か。ばかばかしい。そんなのどうでもいいから買わせろ。働いた分買わせろ。私が欲しいケイトスペードのバッグを買えてる時点で、好きなもの買えてる時点で会社の負け。私の勝ちだ。会社は私のためにある。

  • 寝る前5分のつもりで読み始めたけど、一気に最後まで読んでしまった。内容は全く好みじゃない。でもページをめくるのをやめられない文章の流れみたいなものがあった。あと、ちふれの正式名称はじめてきいた。

  • 意味不明。
    なんとかこらえて半分読んで返却。ギブアップ。
    苦痛以外の何ものでもない。

  • 19
    何が何で、誰がどうで、どれが何なのかがごちゃごちゃになってる感じがよかった。
    心理面の描写、斜に構える感じもよかった。

  • 飲みに行っては女の話ばかりしているAとB、可愛いものが好きで「天然」と言われるC、業務以外は必要最低限のことしかしゃべらないDなど、匿名の会社員が内面に抱える違和感と見えない闘いを描く。

    特徴的なのは、登場人物がA田、B田、C田というように匿名性のある名前を付けられている点である。スタッキング=「積み重ねる」という意味である。登場人物は特定の“誰か”ではなく一般化された“皆”に当てはまり、この物語は個性や自分らしさという言葉が世の中に氾濫しているにもかかわらず、誰もかれもが結局は似たような思いを抱えながら似たような人生を歩んでいく社会を皮肉を込めて描いている。積み重ねて収納できる食器のように、会社員は皆同じ顔をして取り換え可能なモノであり、一人欠けたとしても、全体の数を数えるまでその一人の存在は意識されないのではないか、と思えて虚しくなってきた。組織というものの恐ろしさを感じた。

    特定の個人を想定しない話だけに、登場人物の会社員に共感はすれど感情移入はできず、どこかしらけた気持ちで眺めていたように思う。試みとしては面白いが、途中で飽きてしまった。

  • 凄い!!頭のなかを掻き回される様な感じです!女性ならではのキーワードを散りばめながら、主観の激しいスイッチングにくらくらしました。

  • 装丁とタイトルで気になる本の一冊だったんですが、推薦者の中に青木淳悟がいて、ああ、それってことはああいうことね、と思ったらやはりそんな感じでした。ああいう作風の一派をうまくまとめる言葉って何か無いのかな。何か伝えたい内容があるという訳ではなく、文字による小説という制度を前衛的な方法で脱臼させようとする、と表現すれば良いのでしょうか、うーん、うまく言えん。
    これもそんな感じで、「スタッキング可能」ではいくつもの似た様な話が違った登場人物によってなされた上、その登場人物もA田とかB山とかいう名前がついている。それにしても、ホームズもどきのところは不要だったんじゃないの?
    他の作品も何を言いたいのかよくわからんものばかりで(というかさっきも書いたけどこのへんの人たちは別に小説で「何かを伝えよう」なんてしていないのだと思う)、しかし、その割には楽しく読めた。文体が合ってたんだと思う。

  • 松田青子の『英子の森』を読んだら、また『スタッキング可能』を読みたくなって、こんどは、てっぺんから収録順に読んだ。いちばん最初は表題作だ。

    『わたし』が覚える違和感が記されているところで、あー、わかる、わかる、わかる!!!と思う。『わたし』が「死んでもなりたくない」と思ったその気持ちに、私も覚えがある。『わたし』が「そうしない女がいることを体現してやると心に決めた」のと似たような気持ちを、私もしっかりと抱いていたことがある。私より10歳下の松田青子も、こんな気持ちを感じていたのだろうか、と思う。

    そして、「うっじゃうじゃ」いるのは、あまり変わってないのだろうと、正直がっかりする。

    ▼一度気になりだすと、違和感はどこまでもついて来た。『わたし』がいくら年をとっても、どこに行っても。
     学生時代の夏合宿の夜、『わたし』がオセロで勝つと、負けず嫌いだなあと言った同じサークルに属していた男。どうして普通にオセロをしていただけで、そしておまえに勝っただけで、負けず嫌いになるのか。おまえがオセロ弱いだけだろ。お好み焼き屋で、『わたし』が率先して取り分けないと、えっ女のくせに取り分けないなんてびっくりしたと言った、同じゼミに属していた男。論外。そいつの一言に普通に意見を言おうとしただけなのに、まあまあ、怒らない、ムキにならないとなだめてこようとしたバイト先の男。女が言い返すとは、自分と違う意見を返そうとするとはつゆとも想定したことがない男。そういう女が全員怒っているように見える男。それでむしろムキになってるのはそっちだろとツッコミたくなるほどつっかかってくる男。妙にボディタッチが多く接近度が高い男。どこにでもいた。似たようなのがどこにでも。

     『わたし』はその度に、あーあ、と思った。がっかりした。そう、本当に、心の底から、がっかりした。そういう毎日の中で、相手に合わせてみたり、合わせきれなかったりで、中途半端にその場その場の対応をしながら時を過ごすのは、その場しのぎで生きていくのは、なんだかとてもみじめで心もとないような気がした。自分にずっと嘘をつき続けているみたいだった。ちゃんと地面の上を歩いていないように感じた。

     『わたし』はいつか自分はがっかりしない男の人に出会えるんだろうかと想像してみた。望み薄だな。だってこんなにうじゃうじゃいるんだもん。うっじゃうじゃ。…(略)
     『わたし』は絶望した。終わってる、この世界、終わってる、と思った。
     笑顔がかわいい。えくぼがかわいい。天然でかわいい。やさしい。
     男たちが好きな女のナイスポイントをあげつらうたびに、『わたし』はそんな女になりたくないと思った。死んでもなりたくない。 …(略)
     …それが当たり前だとどこでそう思ったのか知るよしもないが当たり前だと思い込んでいる男たち、そいつらに合わせてるんだかそうじゃないのかわかんないけど同じ思い込みの中にいる女たちの中で、そうしない女がいることを体現してやると心に決めた。これは戦いだと『わたし』は思った。(pp.16-18、「スタッキング可能」)

    2度目に読んでも、私はやはり、ここのところを書き写す。

    (二読:2014年11月19日了)
    -----

    3月初めに買った雑誌『SIGHT』の冬号掲載の「ブック・オブ・ザ・イヤー2013」で、斎藤美奈子と高橋源一郎が「文芸編」で語ってる中に、「労働疎外の2冊」としてこの『スタッキング可能』と『工場』(「穴」で芥川賞をとった人の作)がとりあげられていた(斎藤選)。

    表題作がちょっと分かりにくいので、先に他のを読んだほうがいいと書いてあったのにしたがって、「ウォータープルーフ嘘ばっかり!」という漫才のような散文詩のような小説3本を先に... 続きを読む

全162件中 1 - 25件を表示

スタッキング可能を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スタッキング可能の作品紹介

日本社会を皮肉に照射する表題作「スタッキング可能」をはじめ、雑誌掲載時より話題の「もうすぐ結婚する女」など、たくらみに満ちた松田青子初の単行本が、多くの推薦者により贈り出される!

ツイートする