父・吉田健一

  • 19人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 吉田暁子
  • 河出書房新社 (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309022505

父・吉田健一の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 敬愛する吉田健一の実の娘で翻訳家の著者が、折々に記した父についての文章をまとめたもの。父親の書いた批評を読んで「批評家吉田健一に一目惚れした」なんて書ける人はなかなかいまい。同じ家族だった母や兄については「父に対する私の想いと比べると忘れるなら忘れてもいい、という他ない」とまで言い切る。これはもう、壮絶な父への恋文。ちょっと息苦しいくらいに思いが熱い。ところどころに紹介される吉田健一の家庭でのエピソードはほほえましい。

  • タイトル通り、長女である吉田暁子の手による、吉田健一について書かれた文章を纏めた1冊。
    文庫の解説や著作集の月報など、既に読んだものも散見されるが、薄めの単行本とは言え1冊に纏まったものを通読するのはまた新鮮な気持ちになる。
    父娘で文体は似ているが、テーマの性格も関係があるのか、吉田暁子の文章は非常に繊細で細やかな愛情に満ちている。この人が吉田健一のように小説を書いたらどのようなものが出来るのか……ということをふと思った。

  • 文筆家のお嬢さんであるのに、文章の稚拙な事に
    驚きました。
    親が文筆家であっても、そのDNAは必ずしも子供
    に伝わる訳ではないのですね。
    まあ、当たり前の事ですが。

  • 「何かを本当にするにはそれに馴染んでいなければならない。馴染むには繰り返さなければならない」暁子

    「いい酒ほど水に近い」健一

  • 最近刊行された長谷川郁夫氏による吉田健一氏の評伝を図書館で探したら、まだ「整理中」だったために、娘さんでフランス文学の翻訳家でもある暁子氏による、本書を見つけた。
    健一氏は、とにかく時間に厳しく、食事の時間も厳守。お酒が大好きだったものの、「はめ」を外す時間まで決めていたという。
    本書は、父への限りない愛情と憧憬あふれる記述がそこここに散りばめられているが、自身の母や特に兄との間には確執があったのだろうか、微妙な言い回しが散見され、やけに気になった。

全5件中 1 - 5件を表示

吉田暁子の作品

父・吉田健一はこんな本です

ツイートする