ヴィオレッタの尖骨

  • 85人登録
  • 3.06評価
    • (3)
    • (4)
    • (18)
    • (4)
    • (2)
  • 14レビュー
著者 : 宮木あや子
  • 河出書房新社 (2017年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309026039

ヴィオレッタの尖骨の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 帯に「儚くも美しい恋愛小説集」とあるけど、そんな感じはなかった。ただ、暗い、痛い、女子。

    「ヴィオレッタの尖骨」
    一般受験を受け付けない音楽科と美術科のある高校。「人体という楽器」として育てられる生徒たちは、どんなに才能に秀でていても外の世界でコンクールに出ることは許されていない。閉鎖された校内で、二人の女子高生と美しい少年が出会った時、事件が動き出す。
    少年が発見された時の二人~怖いよ痛いよ~。
    宮木さんらしい!

    「針とトルソー」
    母親の決めた相手と見合い結婚することが決まっている少女。いや現代の話。母親の嫌うタイプの逸子と一泊の旅行へ出かける。

    父親ほどの年齢の結婚相手のど変態行為がつらすぎる。

    「星の王様」
    警察の手も入らない、売春を生業とする女たちの町。そこで頭に禿を作る女と「王様と呼べ」と言う男。面倒をみてもらった「ババァ」が死んで、そのあと・・・・。

    「紫陽花坂」
    一番長くて一番痛い話。イヤだ、こんな高校。

  • 初期の作品群にあったような官能的で退廃的な雰囲気がただよう短編(~中編)でつくられた物語ばかり。たとえば最近の「校閲ガール」でしか知らなかったら結構戸惑う人もいるかと思うけれど、作者らしいなと私は思いました。

    いっさい容赦のない苛烈な環境、救いのない展開、薄暗い欲望。けれど一切の甘さを見せずに、そういった世界に生きる女性たちが描かれていて、くらくらとさせられました。

    楽しく読める物語ではないけれど、いびつだけれど自分を貫いて生きる女性たちは美しく儚く、そして艶めいていて素敵だとも感じました。

  • ぐさぐさ、刺さる

  • 閉ざされた社会で過ごす多感な年頃の女の子のお話4編。芸術科、厳しい家庭、売春宿、女子校と、いろいろな舞台で、特徴ある女の子が関係を絡めて行きます。
    理解できるところ、そうでないところ、いろいろですが、割とテンポよく読めます。
    なお、女性同士の性的描写もあります。

  • グロテスクと耽美が紙一重な官能小説の短編集だ。

    宮木あや子が描く少女の世界というのはどこか不気味で、この人ってゲスいオヤジの部分と夢見がちな乙女の部分が見事に混在しているなーと読んでいて思った。

    戸籍もなく春をひさぐ女、母親に売られる様にして高校卒業後は中年の男に嫁ぐことが定められた少女、息苦しいとあえぐように学校生活を送る女子高生、と描かれる女性はいずれもどこか歪み、欠落感を抱えていて、美しく空々しい言葉を重ねれば重ねるほど病んでいるようで怖い。
    彼女たちが辿る命運は暗く、暴力的であったりグロテスクであったりして、読後感のざらざらした一冊だった。

  • 中短編4作。
    高校の生物の時間、慎重に紙を解いて薄い剃刀の刃を指に挟んだときのことを思い出す。
    暗い側は脆く危ういものだ。

  • A面宮木さん『儚くも美しい恋愛小説集』暗くて危うい少女達の印象を受ける。私個人はレズもの苦手で好まない話もあったせいか あまり惹き込まれる作品じゃなかったかな。ラスト「紫陽花坂」よくわからない・・・。

宮木あや子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
宮下 奈都
辻村 深月
湊 かなえ
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
湊 かなえ
柚木 麻子
有川 浩
宮部 みゆき
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴィオレッタの尖骨のKindle版

ツイートする