他人の始まり 因果の終わり

  • 53人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : ECD
  • 河出書房新社 (2017年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309026077

他人の始まり 因果の終わりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ーーー生き延びるために何をするかではなく、生きている間に何ができるかーーー


    家長の立場である、妻と娘二人の石田家
    息子の立場である、父と母と孝二と育の石田家
    父が育った家族のこと
    「家族」についての記述を残そうと構想していたエッセイは、弟・育の自殺、父親の入院、はたまた自らのガン発覚、と様相を変えてしまった。
    それでも家族のことを書きたい、闘病記にはしたくない、というECDの構想はブレずに書籍化されたのではないかとおもう。

    植本一子の『家族最後の日』で読んでいた感触とは、立場も考えかたも違う、石田さん目線の本。
    いまの石田家については植本一子著のほうが触れている。
    「僕」のことを振り返ると、ご両親についての記述が印象に残る。自分が家族を形成したからこそ、見えてくる父親と母親に対しての気持ち。父親が渡してくれた母親の日記。母親と幼少期を過ごし、壮絶な経験をしてしまった育のこと…
    そしてガンが発覚して戻ってきた家族のこと

    「核家族」でも「大家族」でもない新しい家族の形で成長する二人の娘の今後を、石田さんに見届けてほしいし、わたしもご両親の目線を通して、読者として見届けたい。

全1件中 1 - 1件を表示

ECDの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

他人の始まり 因果の終わりはこんな本です

他人の始まり 因果の終わりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

他人の始まり 因果の終わりを本棚に「積読」で登録しているひと

他人の始まり 因果の終わりのKindle版

ツイートする