クリスマスを探偵と

  • 340人登録
  • 3.40評価
    • (3)
    • (13)
    • (24)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
制作 : マヌエーレ・フィオール 
  • 河出書房新社 (2017年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309026169

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

クリスマスを探偵との感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書店の棚の目立つところに「著者サイン本」の文字があり。大学生のときに書いた短編のあらすじをもとに書き上げた小説に、イタリアの漫画家の絵を添えたとのこと。釣られて買ってみました。

    浮気調査のためにある男性を尾行している探偵。浮気相手とおぼしき女性の邸に入って行くのを確認、出てくるまで目の前の公園で時間をつぶすことに。ベンチで一緒になった男から話しかけられる。

    読むうちに、世の中はいろんな可能性に満ちているのだということ、そしてそれは素晴らしいことだと思わされます。どうせ可能性を考えるなら前向きなほうがいい。後ろ向きなことばかり考えていたら、幸せが逃げていくのかもしれません。

    学生の頃からして著者が非凡な才能な持ち主だったのだとあらためて感じました。大人向けの絵本です。

  • 伊坂氏の意外本。大人の絵本、とでもいうべきか。季節柄、寒いけど公園のベンチで読むのもいいかも。孤独な大人たちへ!

  • 舞台はドイツ。探偵カールがクリスマスの夜に出会った、謎の男とは…? 伊坂作品のエッセンスすべてが凝縮された、心温まる聖夜の奇跡の物語。マヌエーレ・フィオールによる幻想的で抒情的な雰囲気の挿し絵も収録。

    どうということはない絵本だけど、伊坂自身による後書きによれば大学1年の時に初めて書いた小説なのだそうだ。それを知ると「なるほど…」と少し読後感が違ってくるから不思議。
    (C)

  • 以前伊坂幸太郎さん特集のムックを買った時にこの作品を読んでから何かしらの本に収録されるのをずっと待っていたが、まさか絵本になるとは。

    ちょっと意外だったけれど、表紙もカバーも分厚くて繰り返し読むのには丁度いいのかもしれない。

    永く大切に読もうと思う。

  • ほっこりするこじつけ

  • ムックで一度読んだかも。そうだとしても、素敵なお話でした。温かみのある絵と一緒に読むと、さらに味わい深いです。クリスマスのお話は心が温まります。わたしのところにも、来てくれないかな。

  • 伊坂さんって、こういう作品も書くのね。
    まさにクリスマスにぴったりで嬉しくなる。
    心の中にあたたかい炎をともしてくれるみたい。
    誰かにプレゼントしたい1冊。

  • 伊坂幸太郎らしいストーリーだった。

  • 伊坂幸太郎の絵本。

    ふむふむ。なるほど。

  • これが伊坂幸太郎の原点なんだ。
    それを絵本の形で残せたなんて、書いた本人もうれしかっただろうなぁ。
    「大人の絵本」最高です!

全19件中 1 - 10件を表示

クリスマスを探偵とに関連する談話室の質問

クリスマスを探偵とを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クリスマスを探偵とを本棚に「積読」で登録しているひと

クリスマスを探偵とはこんな本です

ツイートする