サクリファイス

  • 15人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 鴻 英良 
  • 河出書房新社 (1987年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309200934

サクリファイスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画の元ネタにあたる監督自ら書いた小説という体裁。映画とはおそらく相互補完関係にあるように思える。妙に引き込まれる不思議な作品。表紙の写真、収められている写真がいい意味で機能していると思う。なんとも言えないよさのある作品だと思う。映画を観るのが楽しみに。

  • 柳田国男の本を読んで、サクリファイスを観たくなったので近所の図書館へ行ってみたら、DVDは無かったけど、この本が置いてあった。
    TSUTAYAにあるかなぁ。
    自殺した次男についての本も読みたい。

    死への恐怖

    死を思いながら、どうして恐怖に呑まれずにいられるだろう。

    この存在の確かさ、そしてこの存在もいつか消えて無くなる確かさと同じくらい、人生は不確かだ。

    愛し合っていない夫婦が作り上げる家庭は、核戦争と同じくらい破滅的だ。
    だから自分の家に放火したり、身の破滅を避けるために身の破滅を招く不倫に走ったり、いつからかまともに会話することもなくなってしまう。
    一番可哀相なのは子供たちだ。

    タルコフスキーも異邦人なのかも。

  • 1986年カンヌ映画祭で史上初の4賞を受賞した映画、『サクリファイス』の原作です。(監督自身の著書って珍しいかも?)映画を見ただけでは分からないテーマも、本を読むと分かるかもしれません。私は本を読んでも分からなかったので、まだまだ勉強が必要です(汗) (詳しい感想は→http://blog.livedoor.jp/chako67k/archives/50916459.html

全4件中 1 - 4件を表示

アンドレイ・タルコフスキーの作品

サクリファイスはこんな本です

ツイートする