ブラウン・バニー

  • 17人登録
  • 2.91評価
    • (0)
    • (1)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : 清野 栄一 
  • 河出書房新社 (2003年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309203904

ブラウン・バニーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヴィンセント・ギャロという人がとても好きで。彼の代表作映画「Buffalo'66」もそうだけど、どことなくあるせつなさが、この「ブラウン・バニー」にもありました。映画を小説にしたということなので映画が楽しみです。許せなかった大好きな人を初めて許せた日は、大好きな人がいなくなったときでした。

  • 最初は意味分からなくて...
    あまりに重過ぎる救いのない話・・・
    浮気だと思い込んでレイプされてる彼女を助けない…
    自分の大切な人を守ることも出来ないそんな男願い下げです!
    それで愛してるって言えるのでしょうか?
    彼女のことをひきづる彼(主人公)には共感できませんでした。
    恐いとか弱さとかあるのは分かるけど守って欲しかった…
    すごく考え込んでしまった本でした。

  • 失った人を忘れられない夜に。

全4件中 1 - 4件を表示

ヴィンセント・ギャロの作品

ブラウン・バニーの作品紹介

ニューハンプシャーからカリフォルニアへ-失った恋人の面影を追いながらアメリカ横断の旅に出たバイクレーサーの物語。ヴィンセント・ギャロの映像を清野栄一が言葉にした究極のロード・ノヴェル。

ツイートする