砂漠

  • 52人登録
  • 4.39評価
    • (10)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 望月 芳郎 
  • 河出書房新社 (2009年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309205144

砂漠の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 茫漠とした荒地にとてもとても透き通った美しい言葉が雨粒の様に幾筋も滴り、枯れた河床に流れが生じ、遥か彼方まで潤い広がり、黎明の太陽の光を反射し煌めき出す。豊穣に導くイマジネーションの氾濫に溺れる。キリスト教徒に迫害されたサハラ砂漠原住民ベルベル族の反抗と、子孫にあたる娘ララの現代の物語が交錯する。不毛の砂漠であろうと薄汚れた都市であろうと、太古の自然の鼓動は脈々と流れ続ける。意識と耳を澄ませば聞こえくる鳴りやまぬエナジー。五感を刺激する鮮烈なヴィジョンに身を窶し今は盲目状態。まるで恋煩いだ、ル・クレジオ!

  • 仙台などを舞台とした作品です。

  • ☆きっかけ 著者の名前はずっと気になっていた。この本は特に装丁がきれいだったので、図書館で借りてみた。  ★感想 良く言えば「壮大な物語」、悪く言えば「とっても読むのが大変」。でも何だかんだいって、過酷だけれど美しい砂漠の姿が印象に残る。もう一回読むとよくわかるかもしれない、と思ったりします。

全3件中 1 - 3件を表示

J・M・G・ル・クレジオの作品

砂漠を本棚に「積読」で登録しているひと

砂漠の単行本

ツイートする