プリンセス・ダイアリー 崖の下のプリンセス篇

  • 107人登録
  • 3.67評価
    • (5)
    • (9)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : 代田 亜香子 
  • 河出書房新社 (2010年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309205335

プリンセス・ダイアリー 崖の下のプリンセス篇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リリーはどうしちゃったんだろう
    いくらなんでもひどすぎる
    マイケルとよりを戻してほしいなあ
    そういう大人のなり方しなくていいよミアー

  • マイケルがついに日本に行っちゃった!
    それで気もそぞろなミアなのに、JPとウワサされたり、リリーは、だから連絡もくれないし、さらに「ミア・サモパリス大キライ・ドット・コム」なんてひどいウェブサイトを発見しちゃったからもうタイヘン!
    またまたひと騒動おこる予感がたっぷりのロマンチック・ラブ・コメディ第9弾。

  • まさかのラナと友達になったという展開とスタイルがよくなったミアにびっくりだよ。
    やっぱりお肉食べないと育ちざかりのティーンは辛いよね。

  • 男が原因で壊れるのが女の友情。とはいえ、なんだかなー。

    ミアは失ったものの価値をわかっているのかなー。とはいえ、リリーも天邪鬼。だからなぁ。とどのつまりどっちもどっちか。

    ティーンならではの葛藤と進展と。

    それでも、男を切らすことないミアは何気に女子力が高い。と、思ふ。うん。

  • アメリカ、サンフランシスコなどを舞台とした作品です。

  • マイケルが日本へ行ってしまってからのミアの落ち込み姿に、かなり共感しました。そしてそこから這い上がろうとしている、ミアの姿に。
    成長していくことで気がつく事、そして恐怖に立ち向かう事。ミアの成長を通して自分まで考えさせられました。
    最終巻が楽しみですが、終わってしまうのかという寂しさもあります。

  •  プリンセス・ダイアリー9巻。9月10日~9月25日。
     マイケルが戻ってくることを信じ続け、メールの返信も待つのだが。学校を休み、同じパジャマでベッドに潜り込み続けるミアはドクター・ナッツという心理学者のもとへ連れていかれる。『毎日ひとつ、こわいと感じることをやりなさい』と言われ、努力を続けることに。
     <ドミナ・レイ>のスピーチのため12日しか統治できずペストで亡くなったプリンセスアメリの日記を読み始める。

     リリーと喧嘩したままというのが寂しいし、前半はひきこもりモードなためちょっと暗いお話でした。肉を食べ始めてひきこもっていたせいた、太ったのかと心配していたら単に成長していただけでホッとしました。ラナとも仲良くなって別の世界が開かれたようでよかったなぁと思いました。
     次の巻が最終巻ということで、楽しみですが寂しいです。

  • ずーっと読み続けてますが、いよいよ次で最終巻らしいですね。
    ハッピーエンドの予感はするけど、JPのキャラも捨てがたい^^;

  • なんだかドロドロな2週間です。

    小説とかドラマってホントに世間が狭くって 周りの人間が元の彼氏だったり彼女だったりするわけで やりにくそうだな。
    っていうかドライなんだよね。
    顔を合わせてもへっちゃら・・・、みたいな。

    虚構の世界だからねぇ~。(笑)

  • なんとしても手に入れたい!
    第一巻からずっと読んでます。
    映画も面白かったけど、やっぱり原本が一番だわ。

全11件中 1 - 10件を表示

メグ・キャボットの作品

プリンセス・ダイアリー 崖の下のプリンセス篇を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリンセス・ダイアリー 崖の下のプリンセス篇を本棚に「積読」で登録しているひと

プリンセス・ダイアリー 崖の下のプリンセス篇の作品紹介

マイケルがついに日本に行っちゃった!それで気もそぞろなミアなのに、JPとウワサされたり、リリーは、だから連絡もくれないし、さらに「ミア・サモパリス大キライ・ドット・コム」なんてひどいウェブサイトを発見しちゃったからもうタイヘン!またまたひと騒動おこる予感がたっぷりのロマンチック・ラブ・コメディ第9弾。

ツイートする