百一夜物語---もうひとつのアラビアンナイト

  • 13人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 鷲見 朗子 
  • 河出書房新社 (2011年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309205854

百一夜物語---もうひとつのアラビアンナイトの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3200円分の読み応え~ダーラム王とシャハラザードの物語:若い商人の物語:ナジュム・アッデヒヤーウ・イブン・ムッダビル・アルムルクの物語:樟脳の島の物語:ザーフィル・イブン・ラーヒクの物語:大臣とその息子の話:スライマーン・イブン・アブド・アルマリクの物語:マスマラ・イブン・アブド・アルマリク・イブン・マルワーンの物語:ガリバード・アルハサンとエジプト人の若者の物語:エジプト人の若者と妻の物語:王と三人の息子の物語:腕輪の持ち主である若者の物語:四人の仲間の物語:王子と七人の大臣の物語(象のしつけ:獅子の跡:鸚鵡:不注意の始末:ふたつのパン:情夫の召使い:王子と鬼女:蜂蜜のしずく:米と砂糖:魔法の泉:浴場にて:犬の涙:豚と猿:蛇と犬:老女のたくらみ:獅子と盗人:漁師と王:象の像:むなしく消えた願い:女のたくらみ研究家:王子の語りごと):王と蛇の物語:黒檀の馬の物語:王とガゼルの物語:イブン・アビー・アルカマル大臣とアブド・アルマリク・イブン・マルワーンの物語~千一夜がマシュリク伝承であるならば,百一夜はマグリブ伝承の説話集。共通するのは王子と七人の大臣の物語と黒檀の馬の物語。確かによく出来た話であるが,前者が長すぎるのに対して,黒檀の木馬はコンパクトにまとまっている。林と泉と宮殿と満月のような美女が男の望みなのだろうが,物語の登場人物は至極奔放に生きている。ウソもつくし,浮気もする。獅子の登場する物語も多いし,王子が闘ってようやくねじ伏せた敵が絶世の美女という設定も多い。心ゆくまで飲み物と食べ物で満たされたいらしい

  •  かの有名な「千一夜物語」ことアラビアンナイトの姉妹編と呼ばれる「百一夜物語が本邦初訳されたこの本。
     美しい青年、恋愛、不思議な宮殿、空飛ぶ木馬…
     子どものころに夢見たファンタジーの世界に久しぶりに浸ってみてはどうでしょうか。
    (教育学部・国語専修/匿名希望)

全2件中 1 - 2件を表示

百一夜物語---もうひとつのアラビアンナイトはこんな本です

百一夜物語---もうひとつのアラビアンナイトを本棚に登録しているひと

百一夜物語---もうひとつのアラビアンナイトを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

百一夜物語---もうひとつのアラビアンナイトを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

百一夜物語---もうひとつのアラビアンナイトを本棚に「積読」で登録しているひと

百一夜物語---もうひとつのアラビアンナイトの作品紹介

『百一夜物語』は『千一夜物語』(『アラビアンナイト』)と同じ流れをくむ、アラビア語の説話集である。両者は別々に伝承されたと考えられているが、おもに東アラブ地域で流布していた『千一夜物語』に対して、本書『百一夜物語』はマグリブ(チュニジア、アルジェリア、モロッコ)とアンダルス(イスラーム支配下のイベリア半島)で流布していたとされる。巨人の島、裏切られた王、さらわれる王女、空飛ぶ木馬など、『千一夜物語』との類似点と相違点を楽しむことができる、夢のようなアラブの物語をどうぞ。

ツイートする