出島の千の秋 上

  • 54人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : David Mitchell  土屋 政雄 
  • 河出書房新社 (2015年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309206882

出島の千の秋 上の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 織斗パートは頗る読みやすくてワクワクするのに、ヤコブパートの読みにくさときたら……!
    わざわざ翻訳そのままにして海外感出しているのかと思ってしまう読みにくさ。
    なぜ文末がすべて現在形なの。
    なんかもったいないと思った。
    冒頭にひかれて二冊ハードで買ったものの、ヤコブパートで一年以上放置してしまったから。
    脳内で文末やその他表現を自分で改編しながら読んでも疲れるばかりで、ひとまず会話文だけさらさら追いかけると進むようになる。
    原作は、織斗パートは初めから日本語でかいているのかと思うこの違いはいったい。

  • 藍場川織斗は医者の娘で産婆。顔に火傷の痕がある。出島で医者のヤコブに師事していて、たくさんの外科手術やお産など経験していた。中盤過ぎから急展開になり、織斗は父の借金の代わりに不知火寺に比丘尼として入山するはめに。そこの尼は奇形の女ばかりいて謎が満載。

全2件中 1 - 2件を表示

デイヴィッド・ミッチェルの作品

出島の千の秋 上を本棚に「読みたい」で登録しているひと

出島の千の秋 上を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする