韓国の歴史

  • 35人登録
  • 3.73評価
    • (1)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 水野俊平
制作 : 李 景〓 
  • 河出書房新社 (2007年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309224718

韓国の歴史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 韓国の歴史の入門書。全時代に渡って、ある時代に偏りなく記述されているのがよかったと思う。

    内容は全7章で、古代から統一新羅へ、高麗時代、朝鮮王国の成立、社会の変化と実学、列強の侵略と近代化、植民地支配下の挑戦、解法から南北分断、そして新時代へであり、1章がおおよそ3~40Pである。

    写真や図も一応は載っているが、同じ河出書房新社出版の写真や表の多い、ふくろうシリーズの「図説 韓国の歴史」などを横に置いて読むとわかりやすいと思った。

  • 全年代に渡って網羅されていると本と感じた。

    ハングルが導入された理由は、中国語と異なる言語を用いる朝鮮語で運用に問題があったこと、儒教国家を振興する上で、中国の儒教書を正確に音訳する必要があったこと。などが書かれている。

  • 朝鮮の歴史は日本史を勉強するなかで断片的にしか勉強してなかったので、来月に控えた韓国旅行を契機に読んでみました。
    韓国というか朝鮮の歴史を古代から近代まで、ざっくとまとめた本。ただ、やはり北朝鮮については全くというほど記載されてません。
    内容としてはシンプルに分かりやすくまとめられていたと思います。あまり細かく突っ込んだ内容ではないので、韓国の歴史を全く知らない人が読むには良いと思いますし、朝鮮が抱えた歴史概要とそこに住む人々の気質を感じることが出来ると思います。でも、多分韓国の人はここまで自国を客観的に知らないのだろうな・・・。それは日本も同じだと思うので、外国からみた日本史というものがあれば、読んでみたくなりました

  • 韓国(朝鮮)の歴史を古代から現代に至るまで概観するにちょうどよい内容だった。それにしても派閥に分かれて争うのが高麗・朝鮮の時代から続いていたんですね。まあ、それはどこの国でも一緒か。

  • 未読

全5件中 1 - 5件を表示

水野俊平の作品

韓国の歴史はこんな本です

韓国の歴史の作品紹介

長年韓国に暮らし、その文化・社会・人に心身ともに親しんできた著者が新しい世代に向けてわかりやすく綴る「韓国通史」の決定版。

ツイートする