ブクログ大賞

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

  • 1584人登録
  • 4.35評価
    • (154)
    • (110)
    • (31)
    • (6)
    • (2)
  • 110レビュー
制作 : 柴田裕之 
  • 河出書房新社 (2016年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309226712

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
リチャード・ドー...
スティーヴン ワ...
國重 惇史
J・モーティマー...
ニック・レーン
有効な右矢印 無効な右矢印

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福の感想・レビュー・書評

  • 憶測や仮説の部分も多いけど説得力はあるし、そのジャンルを深く掘る入り口としては十分。
    特に虚構を生み出せた人間という話は読書家にとってより深く探求したいテーマだと思う。
    フィクションが何故存在するのかという論考はあらゆる角度からされるべきだし、もっとたくさんの物語に触れたいと思わせる一冊。
    農業革命あたりは眉唾な部分もかなり多いので、その度に関連本を読んでいくという贅沢な読書体験だった。

  • 文明と貨幣が虚構であり、農業革命は詐欺だと説く、壮大な歴史書。
    余りにも斬新で深い考察。

  • 会社のお偉いさんが勧めていた本が話題になっていたので購入。
    内容は原作タイトル"Sapiens A brief history of humankind" の方が近く、ホモ・サピエンスの進化、躍進に焦点をあて、人類史の視点から簡略に世界史を解説していく。
    特徴は、歴史から現代人が生きるヒントを学び取れるよう工夫して書かれているところ。そのため、歴史への関心を超えて、あらゆる人に勧められる。

  • この本は「認知革命」・「農業革命」・「人類の統一」・「科学革命」を人類が現在この地上において食物連鎖の頂点に登りつめ、それを維持していることの偶然の岐路であり、必然の潮流でもあるようにも語っている。
    しかし、人類が他の生物とは違う特別な存在てあるという考えは静かに退けているように感じる。

    私たちが今までに学んできた人類の歴史も、やはり「農耕」・「科学」といった人類が生み出した画期的な変化をターニングポイントにダイナミックに変化してきたことを説いてきていた。
    しかし、その形跡や実態に眼を奪われてしまうと見落としてしまうもっと大きな、人類の特異性とこれからの人類の未来を見つめていくうえで、欠くことのできない要因がある。

    この本は私たちの多くが、蓄えてきた歴史の知識を否定することなく、幾つかのターニングポイントで確信に近い仮説をもって再度それをつなぎ合わせて新しい歴史を私たちに観せてくれている。
    「否定することなく」、とは書いたものの自分たちが勝手に思い込んでいた他の生物とは一線を画す(神の創造物)「人類の優越性」を信じる気持ちを手放すのは、誰でも何処かで認めたくない思いが残っているのではないだろうか。

    でも、恐竜のように力強くもなく、賢さにおいてはネアンデルタール人に劣るホモ・サピエンスが、地上のヒエラルキーの頂点に達する要因が「『虚構』を作る力」だったという考えは、永遠のように思える宇宙の歴史のなかで一時代を築いた『ホモ・サピエンスの物語』としては美しさを感じる。それでいいではないか。

    この「『虚構』が協力を可能にし、『社会』を創造した」という説は、私の歴史の理解を超えていて、いつの間にか脳があらゆる知識、体験を総動員してその確からしさを検証する指令を出すように全身を駆け巡っていた。

    この本の素晴らしさは、書かれてある歴史の視点が読む者の歴史ひいては未来を解釈し想像する力を柔軟にし、豊かにしてくれるところにある。

    知識を蓄える本を良書としたら、獲得した知識を繋ぎ合わせてくれる本や、その知識に新しい光りを当てて、違う世界を映してくれる本は極上の本なのだろう。
    この本はそんな本です。

  • 唯一生き延びた人類種、ホモ・サピエンス。
    生き延びることができた理由を、認知革命と農業革命から解き明かしていきます。
    人類は農業革命によって、手に入る食料の総量を増やすことはできましたが、良い余暇には結びつきませんでした。
    農業革命は、史上最大の詐欺だったのだと結論付けます。
    人類にもたらされたコンピュータも、同様かもしれません。

  • 認知革命の衝撃。共同主観的な人間。そして、帝国の役割など。話題の書ではあるが、もっと知られていた方が良いことが記述されている。

  • マクロかミクロというのはあくまで人間学の視点での話で、源流だったり在るべき自然の姿だったりに思いを巡らせる人類学の視点も持ち合わせることで、人間が作り出すフィクションの全体像を冷静に捉えられるということを知らしめられた。そして下巻も買ってしまった。

  • 面白い。サピエンスの歴史と今も続くシステムとの関連が読むたびに見えて来る

    一気に読んでしまった。下巻も速く読もう

  • 憲法、宗教、道徳、その他いろいろな取り決め。そんな
    フィクションを発明したことがサピエンスの現在を作っている。我々はフィクションによって成り立っているノンフィクションの世界を生きているのですね。

  • サピエンスの始まりと環境、虚構。
    繁栄と引き換えに犠牲してきた他の動物たちに、感謝して生きなければいけないと思う。

  • 最近読んだ本の中で一番の衝撃を受けた。
    単なる人類学の本と思いきや、人類の文化論に生物学な見地から一撃を加えた一冊。
    世の中の制度や文化、貨幣と言った物が全てサピエンスの妄想の中で作られた虚構とは、今まで考えた事もない発想で恐れ入った。

  • 今のところそれほど目新しい感じはしない。
    一般的に、歴史学者と生物系学者の価値観や捉え方や引用するデータは違う気がするので、後者の著作を好んでいると、上巻は、やや、「で」、と感じてしまった。
    後半になってくると少し興味深くなってきました。宗教も掘り下げてほしい。 
    上下ひっくるめての著者の論考なのでしょう。下巻盛り上がりそう。期待してます。

  • ヒトの歴史を文化的側面から紐解いたもの。

    生物学的にであったり遺伝学的であったりは今までにも読んだことがあったがこういうアプローチのものは初めてでとても納得させられる。

    最初の違いの認知革命という想像力こそが猿人からヒトたらしめたというのは、確かにそれが宗教にも繋がり、科学や産業の発展にも繋がり、現在の経済システムにも繋がることを示し、これがものすごく大きいことであったことがよくわかる。

    この認知革命という想像力の発展のせいで今の世界が幸せなのか不幸せなのかを投げかけている。

    その幸せとは何なのかが、また不透明な題材ではあるが。

    これは読んでおいて損はない。

  • 2017年5月14日に紹介されました!

  • 興味深さの塊。
    ホモ・サピエンスが生み出したもの。来し方行く末。
    終盤やや散文化するが、下巻に期待。

    ◯長年の食物連鎖の順位から醸成された心理

    ◯いくつかの異なる人類種

    ◯複雑な言語を扱う認知革命によってもたらされた想像上の現実を生み出す能力
    ・計画立案と遂行
    ・社会関係の強化(噂話も)
    ・法人格等の虚構の共有

    ◯気候変動ではなくホモ・サピエンスによる多くの生物種の絶滅

    ◯農耕は、単位面積当たり土地から得られる食糧の量を増やし、人口増加には貢献したが、個人の生活水準は向上させなかった
    →選択の罠

    ◯未来を考える時間
    →未来への不安と対策

    ◯共同主観的な想像上の秩序によってのみ成立する、平等、自由、幸福
    →信じさせるための神
    →物質世界、個人的欲望への組み込み
    想像上の秩序を安定化させるものが法であるなら、今は何が必要なのか

    ◯大量のデータの保存、処理のための書記体系の発明
    →現存最古は租税の記録

    ◯一方で、想像上のヒエラルキーによる効率的なコミュニケーションが成立。ただし、優劣は共同主観的であり変化する

    ◯混ざり合う文化(ここでは文明と文化の使い分けはない?)

    ◯信頼の上に成り立つ貨幣。人類が唯一差別せず共有できるもの

    ◯最も長期間採用されてきた帝国という統治形態
    →被支配層の中のエリート層の同化

    ◯他民族のエリート層によるグローバルな帝国に向かう?

  • 仕事をする中で、人の幸せってなんだろうと思っていた時に、この本が目に止まって読み始めた。



    結果、上巻ではホモ属の認知革命から始まり、ヒトの生物的な繁栄の話が主で、幸福とは〜のような話には入らなかった。



    一方で、純粋に非常に興味深い概念・解釈が多々あり、夢中になって読んでしまった。

    この手のアカデミックな書籍にしては、読み手を引き込むような、読みやすい文章だった。



    自分は、認知革命とは、自我の芽生えのことだと思い込んできたのだが、どうやら違うようで、抽象概念を形容し、他者に伝えることができるようになったこととのこと。



    また集団的虚構(想像)は存在する、という解釈が非常に面白かった。

  • むちゃくちゃ面白い。
    思い出しながら流しまとめ。適当かも。

    考えたことなかったけど、ホモ・サピエンスはなぜ生き残ったのか?
    ホモ・ネアンデルタールとかもっといっぱいいたはずなのに。人類という種族で生き残ったのはサピエンスだけ。サピエンスは他の種に比べて優位性があったのか?あるいはサピエンスが他の種を滅ぼしたのか?

    マンモスなどの絶滅もサピエンスの移動と時を同じくしている。気候の変動だけが理由なのか?
    人類は知能という特性により道具を発明した。通常の進化より早い進化に、他の種は追いつけず。恐らくマンモスはサピエンスを見ても危険を感じなかったはず。危険を感じられるように進化するまで追いつけていなかったはず。

    狩猟→農耕による人類の苦労。大量に食糧を準備出来るようになった一方で人々はむしろ縛られた生活を送るように。

    サピエンスの最大の発明は神話を作ったこと。集団は最大でも150人を超えると纏まらなくなる。それを超えてまとめるものが神話の力。神というもの自体意外にも。男女のヒエラルキーみたいなものも秩序を生み出すための想像上のものに過ぎない。でもこれが信じられることで強力な力を持つ。

  • 20万年前の東アフリカに、私たち現生人類につながるホモ・サピエンスが誕生した。その頃には既に他の人類種もいたのだが、なぜか私たちの祖先だけが生き延びて文明を築いた。なぜか? イスラエル人歴史学者が、この謎を3つの重要な革命──認知革命・農業革命・科学革命──を軸に解き明かす。ちなみに上巻では、認知科学、農業革命について詳述している。

    第1部 認知革命
     第1章 唯一生き延びた人類種
     第2章 虚構が協力を可能にした
     第3章 狩猟採集民の豊かな暮らし
     第4章 史上最も危険な種
    第2部 農業革命
     第5章 農耕がもたらした繁栄と悲劇
     第6章 神話による社会の拡大
     第7章 書記体系の発明
     第8章 想像上のヒエラルキーと差別
    第3部 人類の統一
     第9章 統一へ向かう世界
     第10章 最強の征服者、貨幣
     第11章 グローバル化を進める帝国のビジョン

  • 歴史の本を読むことがほとんどないので、そもそもどのように読めばいいのかわからなくてとまどった。史実に基づいてはいるのだろうけれど、いくらでも編集できてしまうような気がする。ほかの世界史本も比べてみないとなんともいえないものなのかも。

    で、読んだ感想。「ぼくのかんがえたさいきょうの歴史」という感じの本だった。例の挙げ方など非常に親切だと思うのだけれど、「ほらサピエンスの歴史はこうなっているんだどうだどうだ」という印象。ユヴァル君がそのようにまとめた、というのはわかるんだけど、生き物としてのヒトをベースに論じると、わたしたちはたちのわるい外来種みたいなところがあるからなんだか気がめいる。下巻にはこんなサピエンスの将来予測が多少なりとも明るさをもって描かれるのだろうか。歴史の本だからそれは管轄外なのか。

  • [加速度的な歩みで]「虚構」というテーマを軸に,人類史を大胆にまとめあげ,日本を始めとして全世界的なベストセラーとなった作品。人類の来し方を振り返るとともに,あり得る行く末を指摘しています。著者は,ヘブライ大学で歴史学を教えるユヴァル・ノア・ハラリ。訳者は,『繁栄』,『道徳性の起源』等の翻訳で知られる柴田裕之。原題は,『Sapiens: A Brief History of Humankind』。


    コンパクトでありながらダイナミックな一冊。とにかくスケールが大きいため,日常生活で使用しないような思考を体験できるのが本書の最大の魅力かと。特に最終章は不穏かつ魅力的な未来像を提示しており,読者を惹きつけるものがありました。

    〜歴史の道筋は,三つの重要な革命が決めた。約七万年前に歴史を始動させた認知革命,約一万二〇〇〇年前に歴史の流れを加速させた農業革命,そしてわずか五〇〇年前に始まった科学革命だ。三つ目の科学革命は,歴史に終止符を打ち,何かまったく異なる展開を引き起こす可能性が十分ある。本書ではこれら三つの革命が,人類をはじめ,この地上の生きとし生けるものにどのような影響を与えてきたのかという物語を綴っていく。〜

    しかしこれがベストセラーになる社会っていうのもいろいろとスゴいな☆5つ

    ※本レビューは上下巻を通してのものです。

  • 人類の身体的な進化にとどまらず、種族としてどう強くなってきたか。小麦のタフさ、帝国制度など色んな視点から非常に学びになる本。

  • ホモ属の兄弟達がまだ元気だった頃から、貨幣経済の発明によって起こるサピエンスの統一化までを収めた上巻。
    石器・木器時代のホモ属は、おそらく同化と戦争によってサピエンスに統一されたのでしょう。
    虚構や想像を操る脳を持ったホモ属であるサピエンスは、他のホモ属よりも“あらゆる意味で”優秀だと言えます。
    ヒトの種類がサピエンスのみになった暁に、サピエンスはどうなるのか。
    帝国主義や宗教等が生み出され、虚構や想像の連鎖が発生します。
    しかし、それは純粋な悪ではなく、人々を纏めるための貴重な原動力なのです。
    原動力は様々な形をとり、○○主義や○○権などと命名されます。
    ほぼ間違いなく我々も、サピエンス特有の虚構・想像を一つは個人的に採用しているのではないでしょうか。
    非常に難く危ない内容なのですが、ギリギリの一線を楽しく綱渡りするように綴られた一冊。

全110件中 1 - 25件を表示

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福に関連する談話室の質問

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福に関連するまとめ

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする