人間と象徴 下巻―無意識の世界

  • 113人登録
  • 3.58評価
    • (7)
    • (5)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 河合 隼雄 
  • 河出書房新社 (1975年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309240466

人間と象徴 下巻―無意識の世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユングの心理学は、やはり精神治療よりも、芸術方面により近い気がする。

  • 下巻には、ユング自身の記述は収録されていないが、高弟によるユング心理学理論が、多くの写真や絵画とともに編纂されている。
    特に夢分析の具体例を取り上げた章では、夢がどのように個人のこころの成長に影響を及ぼすのかを読み解くことができる。

  • ちょっと間を開けて読み過ぎたー、ので、どうだったか・・・。今回はユングの精鋭たちのみの登場で、臨床例を出しながらの解説で、読み物としても面白い。とくに下巻は小説みたいで、村上春樹を彷彿させる。
    精鋭たちの夢の解釈について実際「ホントかよ?」と疑ってしまいたくなるような、神秘主義的解釈が出てくるのだが、それで実際患者の治療が進むわけだし、世界的に信頼されてる心理学なのである。ユング心理学、改めて面白い。下巻を読んでも感じることは同じ、あとがきで河合氏も言っていたが、「ユングの学問的姿勢を見習うべきである」ということ。彼の凄いところは、人の心に理論的整合性など存在しないという立場から、自らの心理学を体系化理論化しようと試みたところにあるのだ。
    なんか読んでると、アインシュタインが精神的に行きついたところに少し似てるって気がする。(アインシュタイン100の言葉参照)神秘的なことをいくら解明しても、神秘は神秘なのだってところが。

    そしてこの言葉を取り上げたい。「現代において人類に最後残された冒険は、自らの心の探究である。」まだ宇宙という広がりがあまり現実的でない時代であったかもしれないにしろ(まぁ宇宙冒険なんて世界冒険の比にならないほど、もはや非現実的なことなのだが)、これは希望の言葉である。人類の進化は永遠であるのかもしれないという。

全3件中 1 - 3件を表示

カール・グスタフ・ユングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
エーリッヒ・フロ...
C.G. ユング
C.G. ユング
ウィトゲンシュタ...
エーリッヒ・フロ...
フランツ・カフカ
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

人間と象徴 下巻―無意識の世界を本棚に登録しているひと

ツイートする