孔子の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 石川忠司
  • 河出書房新社 (2003年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309242934

孔子の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    『論語』はアンチ・ヒューマニズムのブルースだ。
    「中庸原理主義」を扇動する不穏な思想家・孔子。

    [ 目次 ]
    第1章 人生の根源的な“容易さ”について(「狂」としての孔子;「仁」の内面的解釈;「仁」の外的解釈 ほか)
    第2章 仁者はさまざまな人間的「領域」を駆け巡る(「仁」とは人間性をはみ出すものだ;どんな行為にも「仁」にかなったものとそうでないものがある;「中庸」原理主義者であれ! ほか)
    第3章 世界のただ中にあって「仁」をもって人生をまっとうする(孔子と老荘哲学;人生をゲーム化し美しくプレイする)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 孔子を哲学するとこうなるようです。主に「仁」について、色々な思想家の例をだして解説しています。哲学は良くわからないので著者の語っていることの半分もわかりませんでしたが、論語には色々な読み方があるという事がわかりました。

全2件中 1 - 2件を表示

石川忠司の作品

孔子の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)はこんな本です

孔子の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

孔子の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

孔子の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

孔子の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)を本棚に「積読」で登録しているひと

孔子の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)の作品紹介

『論語』はアンチ・ヒューマニズムのブルースだ。「中庸原理主義」を扇動する不穏な思想家・孔子。

ツイートする