究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げる

  • 644人登録
  • 3.36評価
    • (23)
    • (54)
    • (68)
    • (28)
    • (4)
  • 76レビュー
著者 : 高畑正幸
  • 河出書房新社 (2010年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309245263

究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 使いやすい文房具とデジタルツール
    手帳を中心とした整理術
    説明の文章がすごく長い

    統一
    整理しない
    デジタルで保存
    捨てること

  • 病的なまでの問題意識には恐れ入る。
    自分はこういうことを考えるのが苦痛で、こだわりを捨てるのが一番自分にあった効率化と考えるので、真似はできない。
    でももしこういう人が切り開いた知見を簡単に利用できる社会になったら、ものすごく楽しそう。
    それは個人の話で、組織からしたら成果を追求するためにこういう事は必要条件だと思う。自分の会社にもこういうことを推進する人が是非いてもらいたい。(今もいるかもしれないけどやり方が古いから…)
    こういう知の集大成が、人に優しいシステムとなって私のところに来てもらいたい。

  • 文房具王のHacks本。著者の連載で半分くらい紹介されたもの。http://bizmakoto.jp/bizid/bungkingindex.html 素敵なデザインのものを使うというよりも文房具メーカーから発売されているものをジャストサイズにDIYして能率的な仕事環境を構築するという実践的なもの。こだわりの点がこまかく真似するのが良い意味で大変です。

  • 「ハック」とは
    著者は「ちょっと賢い作業手順」と定義します。
    僕自身もハックという言葉が一人歩きし過ぎかなと。
    思考の整理は出来るでしょうけどやっぱり集まっても個々が脳みそから血が出るくらい考えないといけないんですよね。

    この本は著者がそれこそ自分の経験から捻り出してると思います。
    「手間がかからずすぐにでも実践可能」
    「どこからいつから始めても大丈夫」
    「とりあえずを繰り返すことで何度中断挫折しても無駄にならない」
    「ある一定レベルを超えるとすごい力を持つ」

    でも全ては自分用にカスタマイズしないと使い切れないんですよねσ^_^;
    僕もこの本を読んでポストイット強粘着ポップアップノートディスペンサーを買いましたが使えそうな気がしたから買ったわけで読んで終わりやったらダメなんですよね。

    もう少し自分を見つめ直して使えそうなネタを実践したいと思います。

  • マツコの番組にも出てて、私この人大好きなんだけれど。

    自分と文房具、で一つの世界が完結しているんだよね。
    相手にしてくれない人に魅力を感じる自分はだから、恋愛に向いてない。

  • 以下、気になったことや思ったこと

    ・一覧で見たい情報はバイブル手帳に折りたたんでおさめる
    ・すべての紙情報をスキャンしてEvernoteに放り込んでおく

  •  本書のハックは著者が実践しているということもあり、やろうと思えばすぐにでも始めることができるものばかりである。たしかにノートPCにベルクロをベタベタ貼るのは抵抗があるかもしれないが、それさえ乗り越えればそうは難しくない。マスキングテープをラベルに使って張り替えられるようにするというのもちょっとした工夫でまさにハックというべきアイデアである。ちなみに、『誠Biz.ID』で掲載されていた時になるほどと思って取り入れているものが”同じ靴下だけにする”というものである。全部の靴下の色と柄が同じであれば、洗濯した後の神経衰弱はしなくていいし、穴があいても、穴のあいたたものだけを処分すればいいので無駄がない(柄ばバラバラだと穴のあいていないものも捨てなければならない)。

     ところで、本書は一部書き下ろしもあるようだが、ほとんどが『誠Biz.ID』で連載されていたもの。いわゆる書籍化。この”書籍化”は最近聞かなくなった言葉だが、本書で扱われている”ライフハック”も聞かなくなった言葉であるが、大きな文具店に行けばアイデア文具はまだまだ大量にあるし、そのアイデア文具自体がライフハックの商品化と考えれば、個人で工夫する必要がなくなってきた。また、当時はハックだった書籍のスキャンも現在では定番となっており、そういう点でもライフハックという言葉が消えつつあるのかもしれない。

  • 文具王手帳=ストラップをつける。表面にメモパッド。

    机の上にA3の紙を貼る=メモ用紙。

    充電済みの電池には、マスキングテープを貼る。

    ノートパソコンの表面に、ベルクロの面テープを貼る。

    消毒用エタノールは、万能クリーナー。

    スキャンしたデータは、ひとつのHDDに。
    hddのバックアップは、別のHDDに。DVDより安い。

    書類はスキャンしたら捨てる。

    年賀状をスキャンしてとっておく。

    ドキュメントスキャナは常時接続。いつでも使えるようにしておく。

    机の裏側にティッシュペーパーを。
    マグネットを箱に挟み込んで、机にくっつける。

  • 著者は「TVチャンピオン」全国文房具通選手権3連覇した人物。

    ただの文房具オタクと思いきや、人生の哲学的な部分も考察されていて異色のビジネス本としても楽しめた。

    雑誌は破りながら読む
    校正はグリーンの蛍光ペンを使う
    消毒用エタノールは万能クリーナーなど
    すぐに実践してみたいアイディア満載

    手帳特集号・ダイエット特集・整理収納術の雑誌が売れ続けるのは「成功者はいるが、答えはないからだ」
    この言葉には目からうろこ。

    人間は自分に合った成功術を永久に追い求めなければならないのだ。深く納得。

  • 文具王/高畑さんの本。「保存するメモ帳」や「ベルクロの活用」などアイデア満載です。同じ靴下を15足買ってペアを探す手間を省くというのはうちの夫もやってます。これ超オススメ!洗濯する人も楽だよ♪

全76件中 1 - 10件を表示

高畑正幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
小山 龍介
小山 龍介
土橋 正
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げるはこんな本です

究極の文房具ハック---身近な道具とデジタルツールで仕事力を上げるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする