切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話

  • 997人登録
  • 4.28評価
    • (125)
    • (91)
    • (30)
    • (7)
    • (3)
  • 135レビュー
著者 : 佐々木中
  • 河出書房新社 (2010年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309245294

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル ガル...
高橋 源一郎
村上 春樹
村上 春樹
川上 未映子
中沢 新一
朝吹 真理子
アゴタ クリスト...
有効な右矢印 無効な右矢印

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話の感想・レビュー・書評

  • 読むと文章の可能性を信じたくなる。もっと言うと、発破をかけられているような気分になった。
    文章を読むこと、そして書くことがそのまま世界を変えるということ……自分が書いても書かなくても世界は続いて行くのだということが、逆に今・ここの「私」を慰めてくれる。

    特にルターの章は最高に胸熱。誰が何と言おうと「読んで」しまった人=ルターの躍進ぶりに、快哉を送りたくなる。
    昨日までと世界が変わってしまうことの驚き、そして目覚め。もう戻れないということが彼を進ませたのだな……。そんな一人の「読んだ者」が世界を巻き込み、世界そのものを変えていく過程に引き込まれた。

    そしてもう一つ驚くしかなかったのは、最後の章のロシアの文盲率の話。今こうして私たちの手元にある本は、砂粒のような可能性の賭けに勝ってきた文学なんだなぁ。それはまさに、真っ暗闇の銀河で石を放り、地球まで届くかというような可能性……絶望的状況の中で、それでも何かが生き残る可能性に勇気をもらう。

    それでも彼らは賭けに勝った、そして彼らが賭けに勝ったなら、我々が勝てないとなぜ言えるだろう? というところがとても好きだ。
    世界は変わり続けるし、そんな世界の中に私たちはいるのだ。

  • 本と革命、そして芸術、表現、思想などについて広く考えさせられます。今の時代「読む」という行為は、小説や新書、ネットの記事や軽いエッセイなんか、字を追ってなんとなく飲み込む、「消費」に近い行為かもしれませんが、かつて「読む」という行為はどういう意味を持っていたのか。そして、受け取り手がいないのになぜ過去の偉人たちは「書く」ことを続けたのか…。という話です。当時の人達の思いを想像するだけで、少し身震いしてしまいました。
    ダイナミックで、戯曲のような語り口なのでずっと姿勢を正して読んでしまいます。まだまだ読み込みたい一冊。

  • 生きる為に命を食す様に、生きる為に本を読む人達もまた存在する。それは娯楽としての安全な読書とは本質的に似て異なる物であり、自らの経験と人格を剥き出しにして一冊の書物と向き合う行為は時に傷付き、苦しみに満ちた物であるが、懸命に生きようとする行為をどうして愚かだと言えようか。佐々木中が文学の持つ可能性について情熱と確信を持って語り下ろした本書はそんな読書という孤独な航海を徹頭徹尾肯定し、灯台の様に道を指し示している。ここには幾度となく立ち返る言葉がある。とても勇気が出る。書物を持つ手が切り取られてしまう前に。

  • 先日いただいた本を読了しました。
    ジャンルは現代思想系、とでもいうのでしょうか。
    佐々木さんが聴衆または聞き手に向けて
    語り掛け続ける口語体中心で構成された本です。

    自分ごときが評価できるレベルの本ではありませんでしたが、
    素養のない者が読んでの評価ということで書きます。

    哲学、宗教系の教養がそれなりにないと、
    枝葉末節だけでなく、本筋の裏のロジックがわかりづらい、
    というような内容ではありました。
    なので、自分には内容が半分もわかったかどうか怪しいです。
    しかし熱量がすごい。それだけは伝わってきました。

    ○○は終わった、というような表現はよく使われますが、
    それが本当に著者は許せないんだなと思います。
    お前が終わったという前に、お前の○○は始まってもいない、
    そう言い放つのです。
    本当の意味での読むという行為を怖がっているお前に、
    終わりを語る資格などないと叫ぶのです。

    テクストがただの文字情報という意味を超えた、
    上のレイヤーにおける情報価値そのものとして息づき、
    それこそがこれまでの人類を作ってきたのだし、
    今の自分が生きていられるのもそのおかげなのだ。

    そういうことを忘れずに生きることが大事だし、
    だからこそすべての人は臆せずにその思いを書き残すべき。
    その一足が道となり、誰かがそれに続くかもしれない。

    そんな風に自分の中では捉えることができた本でした。
    難しい本でしたが、面白かったです。

    ただ、これをくれた友人はこの本で人生が変わった、
    という風に言っていましたが、
    自分は変わるほどには理解できなかったようです。
    (謙遜抜きで)

    非常に示唆に富んだ本だったことは間違いありません。
    著者の他の作品も少し読んでみたいと思いました。

  • 今、読まれるべき本だと強く思う。
    セカイ系・自己啓発本・なんともいえない新書の数々。ナゾの書籍が大量に売れる世の中。文学はもう終わった?さらにいえば、今現在、日本がおかれている過酷な現状、そこに文学の意味はあるのか?
    前著「夜戦と永遠」同様、ここで書かれるのは「革命」にまつわる話。「明日世界が終ろうとも私は今日林檎の木を植える」――これは、為政者に虐げられ、それでも尚、大地にしがみつく者の言葉ではない。これは、革命を成そうとする者の言葉。つまり、「夜戦と永遠」と同義。
    語られるのは「読むこと」「書くこと」。それがいかに「革命」につながるのか。それは読んでみてのお楽しみ。一つだけ「書いて」おくと、『どうせ読めてしまう。読めてしまうものしか読まない、読まなくても先刻承知だと高をくくて読まない』という安逸が、死を、とめどない死を産み出す――。
    結論からいうと、文学は全然終わってなんかいない。たとえ絶望的な状況でも歩みを止めてはならないと痛感する。

  •  本書はその副題にある様に「本」と「革命」についての著者が話した内容を書き起こしたものである

     
     「本」と「革命」

     この一見、何の関係もない二つの言葉・概念が実は本質的な部分で結びついているというのだ

    「本」については後ほど書くとしてまずは「革命」について書いていこう


     本ブログの読者は「革命」という言葉から思い浮かべるだろうか

     僕は直近で行くと「ジャスミン革命」「エジプトの革命」、それ以外には「文化大革命」「宗教改革」「フランス革命」「キューバ革命」などを思い浮かべる

     どれも既存体制を破壊し新たな秩序を再構築しようとする試みだが、「革命」というと既存体制を破壊するまでの過程を指すことが多いと思う

     実際、直近の「ジャスミン革命」にしても報道などを見ていると、政権を打倒するまでを「ジャスミン革命」と称していることが多いように感じる

     しかし、よくよく考えてみれば、それは不自然な話で「革命」は既存秩序を破壊し新たな秩序を再構築するまでを指すはずだ

     これはどういうことか
     「革命」が指す事象が、暴動や戦争などの暴力によって既存体制を破壊することだという認識が大手メディアの間に少なからずあるということだ

     
     これは以前読んだ「共産党宣言」や一時期嵌っていたチェ・ゲバラが述べていたように「革命は暴力によってしか成し遂げられない」もしくは「革命は暴力によって成し遂げられなければならない」といった言説が、有名でそのようなイメージが「革命」という言葉についてしまったからだと思う


     本書は、そのような「革命=暴力」といったイメージを、「革命は暴力的なものである」という考え自体を真っ向から否定する

     
     著者は、革命は「読み、読み換え、書き、書き換えることによってのみ成し遂げられる」と述べている


     どういうことかというと


     ここで「本」についての話が登場する
    (本書の順番ではむしろ「本」の話から始まるが本記事では分かり易さのために「革命」の話から始めた)

     「本」

     権威者のための権威強化ツールであった本
     活版印刷によって大衆化し、現在の日本では読めない人はほぼいないと言える本
     近代教育の普及によって識字率が上昇し、先進国では求めれば誰もが書くことも読むこともできる本

     現在の日本ではインターネットの普及、電子書籍の登場によってその形が問われている本であるが、著者はこの「本」を読む行為「読書」をについて述べる

     「読書」

     読んだ字の如く「書を読むという行為」そのものだが、著者は単なる情報取得のための行為は「読書」ではないと言う
     「本当に本を読むという行為をしていない」と言う
    (ここで著者が扱う本は思想や社会学、法律学、文芸などいわゆるハウツー本とは一線を完全に画すものである)
     
     「読書する」と言った場合、読む本はほとんどの場合、他人が書いたものだと思う

     では「他人が書いたものを読むということ」はどういうことか

     人間は他者と理解し合うことは不可能だ

     この当たり前過ぎる現実を前提に考えた時、「他人が書いたもの」を「読む=丸ごと理解する」ことは不可能だということに気づく

     それでも読む

     ここで想像して欲しい

     今の様に情報が氾濫していない社会

     一つ一つの情報に今よりもずっと価値があった社会を

     それは活版印刷以前の時代において顕著だ

     そんな時代に自分が読んだ本

     しかも聖書の様な誰もが行動の生活の基準としている本

     そこに書いてあることが、自分が今いる世界を何一つ説明していなかった場合を

     当然疑うだろう

    ... 続きを読む

  • 2010年、一番刺激的な一冊だったかもしれない。とてもとても面白かった。こういう本を読みたかったんだ、という本だった。面白くて、勢い余って前作も買ってしまった。いいリズムがあって、いい思考があった。からだと思う。そして、装幀も良かった。(11/3/13)

  •  某私大文学部生aikoism35は、時々漠然とした虚しさに襲われるのであった・・・・・・。
     たとえば、就活中に、友人に「まあ、文学なんて勉強していても、どこの企業でも役に立たないからねwwww」と、冗談めかして話すとき。
     たとえば、卒業論文の演習で、どの学生が何の作家について発表していても、あたかもわかっているかのように適当な気の利いたコメントを挟もうと躍起になっているとき。
     たとえば、「現代にろくな作家はいない。もう文学は死んだ」という批評家の言葉を聞いたとき。
    とらえどころのない虚しさと絶望を晴らすような本がこれでした。『切り取れ、あの祈る手を』。読むことは革命なのである。文学は死なないのだ。私はちょっと泣きそうになりました。文学を志して大学に入って、しかし、その空虚さに絶望していたいま、出会えてよかったなあと思っています。宇多丸さんがオビに書いている通り、「元気が出て、背筋が伸び」たよ!!(ってか、文化系大学生への宇多丸の発言力ってすごいよね。特に映画好きな男子学生への影響はすごいっす)
     佐々木中氏の、反復の多い力強い言葉は、こちらを洗脳してくるような、危うさも含んでます。でも、なんというか、奇妙なことに、佐々木氏は、こちらが洗脳されそうになると、すっと一歩引いて、「俺を信じるな」というようなところがある。笑 「私の催眠にかかるな、かかるな!」と言いながら催眠術を掛けられているような。私はそれを、誠実さだと思っています。

  • 感動的な本だった。こういう本こそが書かれるべきだ。

  • 言わんとするところはわかる。本当に「読む」とはどういうことか。くどいけど、個人のレベルにも、歴史のレベルにも、作用するようなモノってあるよね。そういうモノに少しでも多く触れたいのか僕は。

  • 文学こそ革命の源である。と著者はいう。
    「本を読む」という行為を考えさせられた。氏の考えだと、おそらく自分は本を”読んで”いないだろう。でも、これでいい、と思った。
    いろんな意味でスゴいことを主張する人だ、佐々木中という人は。

  • 革命とは暴力でも主権の奪取でもなくテクストの書き変えである、と佐々木中は言う。
    読み、書き、することが本当はなんと強大であったことかを知らされる。
    読むこととはもはや狂気である。
    読んでしまったその瞬間に、書き出さなくてはならない。

  • 今まで「本を読む」って平気で使っていたけど、
    この本を手に取ると「読む」の概念が変わった。

    確かに読んでしまうと狂うわ。
    その人になることなんて絶対的にできないからね。

    非常に興味深い話で、前著も買ってみようかな。

  • ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル出演時もそうだったけど、かなりのアジテイターだなと思った。
    アジテイターだとちょっと悪い意味に聞こえちゃうけど、とにかく迂回を恐れず、繰り返しを厭わず、自分の言いたい事を相手に伝えようとする芸風(?)は何か危なっかしさも感じるけれど、それ以上に情熱的で感動的ですらある。

  • 読んでしまった。そしてこれからも読み続けるであろう本。

    そして、読む前と読む後では、確実に世界が、そしてそれに対する姿勢が変わってしまうそんな本。

  • 「取りて読め。筆を執れ。」私も読む。「抜けて来た」言葉を。読み続ける。それが無意味なことのように思えても。

  • 読む前は堅そうな本だなぁと思っていたけど、開いてみたらそれほどでもなかったので順調に読み進められた。文学こそが革命の力。アグレッシブな内容。

  • 前半は、よかったが、後半は失速。確率論で語っても面白くもなんともない。例えばローマの遺跡やアルタミラ洞窟をみにいこうよ。外にでよう。そして口述じゃなく死ぬ気持で真剣に自分で書こうよ。

  • "読むこと"をめぐる語り下し五夜。
    ルターからムハンマドまで、迂回に迂回を重ねて語られるのは、読むこと書くことの革命性。
    読むこと書くことは、それ自体革命の根源であり駆動力。
    それは文学の力とか文学の可能性とかなまやさしいものではない。
    時に人を狂気に陥れるほどの命がけの行為。
    だからこそ読まずにはいられないし書かずにはいられない。

  • 何なんでしょうね、この方は。
    「九夏前夜」同様、読めそうにないのに読ませてしまう。
    非常に観念的で分かりにくいはずの題材が扱われている上に、とんとんときた話が急に飛躍してしまい凡人にはついていくのが難しくなる部分もままあるにもかかわらず、読んでいて退屈せず面白い。ぐいぐい読めてしまう。
    インタビュー形式だからなのか、編集者がうまいのか、そもそもこの人の独特の文体がそうさせるのか。

    何しろ、第2夜のルターの革命の話がとにかく面白かった。この章だけでも、また何度でも読みたいかも。
    第4夜の国家の本質の話や最終夜の人類の終焉の話もなかなか興味深い。
    第1夜の読むことは革命だというこの本の導入部分は、私にはあまりピンと来るものはなかったが、先日観た映画「into the wild」の主人公をちょっと思い出した。彼も、本を読んで読んで読み尽くして命が絶えるまで本を読み、そこに書かれていることを考えつづけ、「物事を正しい名前で呼ぶ」ことの意味に辿り着いてたな、と。エリートでとにかく優秀だったという彼は、きっとこの佐々木氏のようなことを、ずっと考えてたんだろうな。
    なんだか、学生運動をやってた学生が考えてそうなことだとも思ったけれども。

    何はともあれ、物事をこんなふうに考える、考え方捉え方というのがあるんだな~、という発見をした本でした。

  • 読むこと。書くこと。そして、テクストを書き変えていくこと。

    それこそが、革命なのだと著者である佐々木中氏は切々と語る。

    読むことが、いかに苦難に満ちた、狂ってしまうほどの危険に満ちた行為であるか。

    しかし、読んでしまったからには、書かねばならぬ。

    読み直し、テクストの意味を辿りながら、時代を書き変えていかねばならぬ。

    文学は死んだと言い捨てる世界に対し、

    新しい時代をつくる力は文学にこそあると立ち向かっていく。

    何度でも何度でも読み直し、その意味を咀嚼すべき一冊。

  • 革命は、徹底的に本を読むことで成し遂げられた。読んでいて、勇気の湧く本。

  • 革命とは、読むこと。
    テキストと自分をとりまく世界との差異と齟齬に、引き裂かれ、身を捩り、もがき、それによって齎される、再解釈とテキストの書き換えによって、いつも革命は起きて来た。
    語り起しによって、出来た本なのだが、著書のアジテーションが、いちいちカッコいい。
    「文字こそが人類が開発した驚くべき機械である、夜の機械であり、革命の機械である」とか、「文学、これは恩寵である。奇跡である。ありふれた、何度でもくり返されてきた、しかし数限りない滅びを通り抜けて来た、人類史上の美しい花、輝く閃光。一瞬の奇跡なのです」とか。
    久々に現れた、切れ味鋭く、華のある論客だと思う。
    なんだか、レオス・カラックスが『汚れた血』で、時代の寵児となった時を思い起こさせる批評家の登場。

  • 「切り取れ、あの祈る手を」のなかで、佐々木中はとにかく文学について「読み、書くこと。読み変えて書き変えていくこと。全ての”テクスト”においてその行為を行うこと」の重要性を説いています。

    文学を続けることの困難さ、情報じゃない文学を書くことの困難さ、は文学に関わったことがある方なら多少感じている所があると思います。
    革命につながる暴力性を孕んでいるかもしれないし、全く無意味なものかもしれない。
    自分が今やっている研究は、今書いているものは何の意味があるのか、なぜ書いているのか、何が得られて何が残るのか。

    それでも読み続けるしかない、書き続けるしかない。
    周りのひとからは本は読んでいるけれど、世の中のことは何も知らない奴だと言われたり、自分自身も本当に正しいことをしているのかは分からないけれど、とにかくそこに書いてあることを読んでしまったのだから
    信じるしかない。
    文学やそして藝術と向き合っていく、ということはそれほど辛いことでもあります。
    それを続けられない人が藝術は終わった、文学は終わったと言い始めることについて特に批判している、と著者は述べています。とても辛辣に。

    “文学が終わっただの純文学は終わっただの近代文学は終わっただの、もう何百年も何十年も繰り返し言われている。っそう口にする自分だけは新しいと思ってるわけでしょう。残念でした。そんなことはもう飽き飽きしているんですよ。”

    終わった、というほうが楽なのかもしれないし、そう考えて続けないことが楽なのかもしれません。
    文学は終わりません、と断言するにはその困難さと向き合って続けていかなければならない覚悟と力強さが必要で、
    それを持って文章をつづろうとするとこうした文体で書かれた本が出来上がるのだと思います。

    一読すると、扇情的に捉えてしまうけれど、それは著者なりの覚悟が現れているものなんじゃないかと思います。

    本の最後に、パウル・ツェランの言葉を引用して、佐々木中は以下のように書いています。

    “様々な喪失の只中で、手に届くものとして、近くにあるものとして、残ったものは言葉だけでした。言葉は失われることなく残った。”
    “残るほうに賭けようではないか。そうするしかないのではないか。読んでしまったのだから。聞こえてしまったのだから。大丈夫ですよ。普通のことです。誰もがそうしてきたように、そうし続けるだけなのですから。”

    何も終わらないし、これからも何もかも続いていくのだから、とにかく書け。
    文学にできること、とか文学とは何か、とか書かれている本はあるけれど、
    これほど端的に答えを出して、書く人を勇気づける本はめったに出てこないかと思います。

    最後の引用は地震が起きて以来、ずっと頭のなかを巡っています。
    続けていくことに目をそむけずに、残るほうに賭けていたい。

全135件中 1 - 25件を表示

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話に関連する談話室の質問

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話を本棚に「積読」で登録しているひと

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話の作品紹介

思想界を震撼させた大著『夜戦と永遠』から二年。閉塞する思想状況の天窓を開け放つ、俊傑・佐々木中が、情報と暴力に溺れる世界を遙か踏破する。白熱の語り下ろし五夜一〇時間インタヴュー。文学、藝術、革命を貫いて鳴り響く「戦いの轟き」とは何か。

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話はこんな本です

ツイートする