ブクログ大賞

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話

  • 994人登録
  • 4.29評価
    • (125)
    • (91)
    • (30)
    • (7)
    • (2)
  • 135レビュー
著者 : 佐々木中
  • 河出書房新社 (2010年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309245294

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル ガル...
村上 春樹
村上 春樹
朝吹 真理子
アゴタ クリスト...
ウラジーミル ナ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話の感想・レビュー・書評

  • 素晴らしい、とても素晴らしい本で、大きな歴史の話をしているように見えて、実は、日常とつながる話の持っていき方など、感動します。本を手に取る勇気をもらえる一冊です。ただ、著者の言う本を読もうとしない人々とどう対峙すればよいのか、あるいは、自分の中のそうした側面とどう向き合うべきなのか、それがとても難しいのです...

  • 10月 *移動図書
    請求記号:914.6/Sa 図書ID:10030591

  • 思想、哲学、批評系の本を読むことは少ないんだけど、これはメチャメチャ面白かった。幅広い「文学」を提示し、近代文化の礎そのものを築き上げた中世解釈者革命を超える、という非常にアジテーショナルで感動的な第四夜から、狭義の現代文学者を激しく批判し、ただ却って励ますかのような第五夜にかけては、ちょっとトーンダウンしたような感じも受けたけど、それはそれですっきり読み終えられた。うーん、門外漢だけど、ヴァレリー、ルジャンドル、そしてニーチェ。読んでみようかな。

  • なかなかに刺激的な本でした。
    過激な言葉がいっぱいで、なんだかドキドキしながら読み進めていたのですが、どんどん文章に吸い込まれていくと言いますか。不思議な気持ちでした。
    気軽に「本が読める」なんて言えないなーなんて思ってしまいました。

  • かっこいい。言葉の切れ味が最高。大好きな論者です。

  • 読むと文章の可能性を信じたくなる。もっと言うと、発破をかけられているような気分になった。
    文章を読むこと、そして書くことがそのまま世界を変えるということ……自分が書いても書かなくても世界は続いて行くのだということが、逆に今・ここの「私」を慰めてくれる。

    特にルターの章は最高に胸熱。誰が何と言おうと「読んで」しまった人=ルターの躍進ぶりに、快哉を送りたくなる。
    昨日までと世界が変わってしまうことの驚き、そして目覚め。もう戻れないということが彼を進ませたのだな……。そんな一人の「読んだ者」が世界を巻き込み、世界そのものを変えていく過程に引き込まれた。

    そしてもう一つ驚くしかなかったのは、最後の章のロシアの文盲率の話。今こうして私たちの手元にある本は、砂粒のような可能性の賭けに勝ってきた文学なんだなぁ。それはまさに、真っ暗闇の銀河で石を放り、地球まで届くかというような可能性……絶望的状況の中で、それでも何かが生き残る可能性に勇気をもらう。

    それでも彼らは賭けに勝った、そして彼らが賭けに勝ったなら、我々が勝てないとなぜ言えるだろう? というところがとても好きだ。
    世界は変わり続けるし、そんな世界の中に私たちはいるのだ。

  • 揺さぶるような言葉の端々に身体が震えた。
    書物を読むとは狂うことであり変わること。そして変えること。

  • 哲学、宗教学?瞑想に沈まらせる不思議な本。5つのエッセイ集。本の装丁が素晴らしい。ヴァージニア・ウルフの言葉。「この者たちは報いを必要としない。彼らに与えるものは何もないのだ。この者たちは本を読むのが好きだったのだから。」これは読書自体が神を羨望させるほど愉しいものであることを強調しているとのこと。ルター、ムハンマドも革命者として彼らが言葉をいかに大切にしたかを力説する。ルターは読むことを「祈りであり瞑想であり試練である」と言ったらしい。1522年の「9月聖書」(新約聖書ドイツ版)の初出版の時85刷10万部。そして年間の出版点数が498冊と激増し、ルターと敵対者のものが書籍の1/3を超えた記録も、本の歴史では最重要の出来事だろう。

  • 本と革命、そして芸術、表現、思想などについて広く考えさせられます。今の時代「読む」という行為は、小説や新書、ネットの記事や軽いエッセイなんか、字を追ってなんとなく飲み込む、「消費」に近い行為かもしれませんが、かつて「読む」という行為はどういう意味を持っていたのか。そして、受け取り手がいないのになぜ過去の偉人たちは「書く」ことを続けたのか…。という話です。当時の人達の思いを想像するだけで、少し身震いしてしまいました。
    ダイナミックで、戯曲のような語り口なのでずっと姿勢を正して読んでしまいます。まだまだ読み込みたい一冊。

  • 久しぶりに丁寧に読む気になる本。ページをゆっくりめくったのは久しぶりかも。
    2010年か。読んでいる途中だが、あやうく哲学者になるところだった。普通の人間にもなかなか分かり易い。鵜呑み笑。会ってみたいな。

  • いわゆる常識にとらわれずに、テキストに真摯に向き合った結果完成した思想が語られます。インタビュー形式をとっているので、語る部分によってはクールだったり熱くなっていたり温度が伝わってきて面白い。本当に大事なことは、寄せてはかえす波のように何度も繰り返し述べられています。それゆえ主張はとても分かりやすい。理解しやすいという意味ではないけども。
    様々な読まれ方ができると思います。ひとつは読書論として。読書を情報フィルターにかけて読むことを拒否し、読めなささを自覚させる。冷静に考えれば確かに、カフカなど完全に読めてしまっては狂うのでしょう。それは容易に想像できます。理解するその一歩手前で私たちは読んでいると思いながらも無意識的にブレーキをかけているのかもしれません。
    次に革命論について。革命による暴力をあくまで二次的なものとして述べています。革命における根本的な原動力は読み、理解し、書くことです。このとき本は危険な爆発物に比喩されています。暴力革命よりも、テキストとの格闘から発生する革命に優位性を持たせる言説は読む人によって納得感が異なることでしょう。
    それから近代国家論や宗教論。ウェーバーが否定されて中世解釈者革命が肯定されています。宗教の神秘性への嘲笑が否定されてその普遍性が肯定されています。激しい台詞の割には、国家や宗教の在り方について極めて常識的(保守的)なことを言っているなと思いました。納得です。
    主に最終章で取り上げられる文学論。あまりに力が入りすぎて笑ってしまう個所が散見。文学の定義に納得感があるかどうかは差し置いて、文学の持つ影響力や潜在力を信じている感じがひしひしと伝わってきます。たぶん現代の文学が孕む問題を過去5,000年や10,000年単位で論じるなんて滅多にないでしょう。良い意味でやりすぎです。そのざっくり感が精緻な前4章までと趣を異にしています。
    現在を過去とは異なる特別な状況として把握する思想たち…ポストモダンとかでしょうか…に辛辣です。主に文学や思想について辛辣ですが、文学のみならず政治や経済についても言えるのでしょう。なんとなく今は近代の終焉、羅針盤なき現代、大きな物語が語られ得ない時代みたいな風潮がありますが、きっと著者に言わせれば笑止千万なのでしょうね。

  • 2010年に刊行された随筆。テクスト論など。
    私は著者のことを作家だと思っていたが、公式プロフィールによると哲学者らしい。

    ブログではこのエントリがわかりやすい。
    http://www.atarusasaki.net/blog/?p=599


    【省略目次】
    第1夜 文学の勝利
      「焦慮は罪である」
      誰の手下にもならなかったし、誰も手下にしなかった ほか
    第2夜 ルター、文学者ゆえに革命家
      われわれは革命から来た
      六つの革命 ほか
    第3夜 読め、母なる文盲の孤児よ―ムハンマドとハディージャの革命
      「取りて読め、取りて読め、取りて読め」―“世界”の滅びのなかで
      大革命と「カトリック対抗大革命」 ほか
    第4夜 われわれには見える―中世解釈者革命を超えて
      一二世紀に革命が起きた―全ヨーロッパ革命の母なる革命が
      一二世紀における資本制の胚胎 ほか
    第5夜 そして三八〇万年の永遠
      ビニールのかわいらしいプールなのかもしれません
      「世界は老いたり(Mundus senescit)」―終末幻想の長い歴史 ほか

  • 最後の「ツァラトゥストラ」からの引用で号泣。弱ってるのか私。。。
    1850年ロシア帝国の文盲率が90%だったにもかかわらず、プーシキンやドストエフスキー、トルストイらが次々と文学を書き上げていったことを引き合いに出して、文学の危機とか言って騒いでるやつは温い!と言ってる部分に吹いた。

  • 文学の力を盲信していると指摘することは簡単だと思う

    けれど、そもそもその何がいけないのだろう
    ある目標を達成しようと思うならそれ以上を目指せというのはよく知られた話である

    文学の力を信じることなくして、文章に力強さを宿すことなんて出来やしない

  • 生きる為に命を食す様に、生きる為に本を読む人達もまた存在する。それは娯楽としての安全な読書とは本質的に似て異なる物であり、自らの経験と人格を剥き出しにして一冊の書物と向き合う行為は時に傷付き、苦しみに満ちた物であるが、懸命に生きようとする行為をどうして愚かだと言えようか。佐々木中が文学の持つ可能性について情熱と確信を持って語り下ろした本書はそんな読書という孤独な航海を徹頭徹尾肯定し、灯台の様に道を指し示している。ここには幾度となく立ち返る言葉がある。とても勇気が出る。書物を持つ手が切り取られてしまう前に。

  • 読む、そして読め。パウル・ツェランを読もうと思った。

  • この手の本を読むのはある程度啓蒙されたいという欲求によるのだが、人を食ったような傲慢で強引な語り口に幾分身構えてしまった。全部を鵜呑みにしてなるものか。ところがこの反発感ゆえに熟読してしまうという罠にまんまと嵌る。なにしろ熱いんだ。「文学こそが革命の本体なのです。革命は文学からしか起こらないし、文学を失った瞬間革命は死にます。」なぞと言われて否定できるはずない。分不相応だと諦めていた哲学に関心が芽生えたのだから、この本における氏のアジテーションは有力。取りて読むこと、分からなくとも読む。最後に言葉は残る。

  • 革命の本質とはテキストの書き換え、読み替えである。というところが目から鱗だった。
    ルターの宗教革命での聖書の深い読み込みの姿勢が現在の科学、法学などの礎になっていることに感銘を受けた。
    今で言うと何かの新聞記事に対して1次ソースも参照しろみたいな情報リテラシーにもつながるかもな。

  • 先日いただいた本を読了しました。
    ジャンルは現代思想系、とでもいうのでしょうか。
    佐々木さんが聴衆または聞き手に向けて
    語り掛け続ける口語体中心で構成された本です。

    自分ごときが評価できるレベルの本ではありませんでしたが、
    素養のない者が読んでの評価ということで書きます。

    哲学、宗教系の教養がそれなりにないと、
    枝葉末節だけでなく、本筋の裏のロジックがわかりづらい、
    というような内容ではありました。
    なので、自分には内容が半分もわかったかどうか怪しいです。
    しかし熱量がすごい。それだけは伝わってきました。

    ○○は終わった、というような表現はよく使われますが、
    それが本当に著者は許せないんだなと思います。
    お前が終わったという前に、お前の○○は始まってもいない、
    そう言い放つのです。
    本当の意味での読むという行為を怖がっているお前に、
    終わりを語る資格などないと叫ぶのです。

    テクストがただの文字情報という意味を超えた、
    上のレイヤーにおける情報価値そのものとして息づき、
    それこそがこれまでの人類を作ってきたのだし、
    今の自分が生きていられるのもそのおかげなのだ。

    そういうことを忘れずに生きることが大事だし、
    だからこそすべての人は臆せずにその思いを書き残すべき。
    その一足が道となり、誰かがそれに続くかもしれない。

    そんな風に自分の中では捉えることができた本でした。
    難しい本でしたが、面白かったです。

    ただ、これをくれた友人はこの本で人生が変わった、
    という風に言っていましたが、
    自分は変わるほどには理解できなかったようです。
    (謙遜抜きで)

    非常に示唆に富んだ本だったことは間違いありません。
    著者の他の作品も少し読んでみたいと思いました。

  • 大学受験のとき家庭教師がおすすめしてくれた本。始めてちゃんと読んだ哲学の本だったと今思う。彼女はとても頭がよくて、字が下手で、いつもちょうどいいテンポでキレのある言い方をしていた、そんな彼女にすごく憧れた。だからこの本を持ってるだけでそんなふうになれるのかなとずっと積読してた本。

    文学とは革命だ!

  • 『アルゴ』を見る人はそりゃ映画好きな人が多いはずなので、そういう人たちがあの展開にわくわくせずにいられないのと同じように、この本を読む人はたぶん本、文学、芸術、藝術を少なからずいとおしむ人が多いのではないかと思う。だから読みながら興奮するのも致し方ない。語り口がいいですよね。読み始めて、摑みオッケー!ってなりますね。あとがきまで読むとやっぱそうだよね!ってなりますよね。いつになってももっと読む自分になりたい。

  • 偏向と誤解、悪意と無知。もはや社会の騒音でしかなくなったジャーナリズムの喧騒から遠く離れて。
    読むこと。書くこと。生存率0.1パーセントの可能性が私たちの世界にもたらしたもの。
    最終夜の『そして三八〇万年の永遠』は奇しくも世界の終末・人類滅亡論を粉砕する。

全135件中 1 - 25件を表示

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話に関連する談話室の質問

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話を本棚に「積読」で登録しているひと

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話の作品紹介

思想界を震撼させた大著『夜戦と永遠』から二年。閉塞する思想状況の天窓を開け放つ、俊傑・佐々木中が、情報と暴力に溺れる世界を遙か踏破する。白熱の語り下ろし五夜一〇時間インタヴュー。文学、藝術、革命を貫いて鳴り響く「戦いの轟き」とは何か。

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話はこんな本です

ツイートする