定時に帰る人はまるで働き方が違う ---今夜もまた残業する人との差はここにあった!

  • 57人登録
  • 3.06評価
    • (1)
    • (5)
    • (7)
    • (4)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 三橋志津子
  • 河出書房新社 (2012年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309246086

定時に帰る人はまるで働き方が違う ---今夜もまた残業する人との差はここにあった!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本の働き方が「まるで違う」働き方なのかどうかと言われると他のビジネス書とかに書いてあることと重複することが多い。
    「まるで働き方が違う」人は効果的なことを意識的に着実に実践しているのだろう。

  • 自分が主体となり主導権を握る仕事術、働き方を変える
    効率よく仕事を進めて成果を上げることの重要性が増す
    成熟期である現代では質が追求される
    前向きに自分を鼓舞する「~したい」
    退社前に翌日やることを書き出し、優先順位をつける
    出来るだけ仕事を頼む理由をはっきり示す

  • まずは朝にシフトするところから

  • 大体あたり前のことしか書いていない。
    定時に帰るために早朝出勤って、そんなこと求めていないよ。

  • 残業する理由は人それぞれだと思いますが、自分の仕事ぶりを振り返るための1冊としてはよい本だと思います。
    特に、第5章「IT機器のドレイをいつまでつづけますか?」と第6章「困った事態にいちいち振り回されないために」は忙しくて大変だーと言っている人たちに進めたい内容です。
    既にこの手の本を何冊も読んでいる人にとってみると評価は高くないと思いますが、あまり読んだことがない人にとってみるとよい本だと思います。

  • 定時どころかギリギリ終電で帰る日々に読んでみた本。

    どれから手をつけたらいいかわからないときほど、整理してどれから手をつけるか立ち止まって落ち着いて考えるべきだ、と思いました。

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4424256.html

  • 時間効率化の典型的な本。目新しさが特にない。

  • 本に書かれていることは全部知ってることでした。七割はコンサルに転職後習慣化し、三割は習慣にしようと悪戦苦闘してるところです。

全8件中 1 - 8件を表示

三橋志津子の作品

定時に帰る人はまるで働き方が違う ---今夜もまた残業する人との差はここにあった!はこんな本です

定時に帰る人はまるで働き方が違う ---今夜もまた残業する人との差はここにあった!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

定時に帰る人はまるで働き方が違う ---今夜もまた残業する人との差はここにあった!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

定時に帰る人はまるで働き方が違う ---今夜もまた残業する人との差はここにあった!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

定時に帰る人はまるで働き方が違う ---今夜もまた残業する人との差はここにあった!を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする