ヘタなリーダー論より「韓非子」の教え

  • 22人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 岡本光生
  • 河出書房新社 (2012年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309246093

ヘタなリーダー論より「韓非子」の教えの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リーダーと配下に焦点を当てた韓非子の解説本。
    内容そのものは参考になる。特に外資系企業やオーナー企業のようなヒエラルキーの強い文化の企業ではこの本の考え方は有効であろう。読後の感想は、悪くなかったがやはり韓非子そのものを読むべき、という結論に至った。著者(大学教授さんで、おそらく多くの古人の教えに精通している)の主観が読みやすさを提供する場合と、主観が強すぎて読む必要がないと思われる部分があり、読者の理解力も試されると思う。
    韓非子読んだ後だけに感慨深いレビュー作成となった。

  • この本は普通のリーダー論とは違った権力に注力した面白い視点の本。韓非子の考えが現代にも通用するのを実感できる。

全2件中 1 - 2件を表示

岡本光生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヘタなリーダー論より「韓非子」の教えの作品紹介

「優しいだけでは、リーダーは務まらない」…誰もが疑わない真実だろう。だが、上司としての在り方に迷い、悩み苦しむビジネスマンは、じつに多い。上に立つ者として、いかに思考し動くべきか。徹底して"権力のあつかい方"を論じた『韓非子』から、その技法を学べ。

ツイートする