最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!

  • 137人登録
  • 3.61評価
    • (6)
    • (9)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 茂木健一郎
  • 河出書房新社 (2016年11月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309247847

最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • わかりやすく伝えてくださっている丁寧な本です。これに問わずいつも茂木さんの本は読者に優しい印象。

  • タイトルから想像したのは、質問力を上げて、コミュニケーションスキルを円滑にしよう、というような内容。

    しかし、著者は脳科学者の茂木さん。

    質問力を高めるとは、色々なものに疑問を持ち、常識に捉われず、それについての質問と解答を考え続けること。
    言い換えれば、質問発想力とでもなるだろうか。

    いい質問ができるようになると、考え方が変わり、行動が変わる。そして、自分の望む結果を残せる人になる。

    自分がこれから身につけた方がいいこと。
    メタ認知
    自分の中心をずらさない、河合隼雄の話の聞き方

  • 質問の大切さと繰り返し質問して経験を積まないと良い質問ができない事がわかりました。自分にはとてもためになる一冊でした♪

  • 疑問は曖昧な違和感質問は具体性があり解決に導くもの
    いい質問をするためには今何がしたい?どうやって?を常にとう。
    自分と近い人よりも遠い人遠いはなすほうが問題解決しやすい
    →具体的なテクニックに落とせるところが少なかったですが、日頃の心がけなど意識を高める内容が多い本でした。

  • さすがに茂木氏の本だけあってまず読み易い。しかし、かみ砕いてはあるものの、脳科学などの例を挙げながら理屈的に”質問力”の重要性を教えてくれる。
    そして何より、具体的な質問が多数出してあって、これだけでもとても参考になる。
    良い答えを得るためには、良い質問がいるというのは本当にうなずける。

  • 自分が苦手だと思っている「質問力」を鍛えるのにとってもいい本でした。これは読んで良かった!と思えましたよ。

    質問にはいい質問と悪い質問があるのは前々から何となく思っていて、どうしたらいい結果が得られるのか、お互いスッキリした!という形で落ち着けたり、さらに気づきを得られた!という形で終えられるのだろうか、どうやったらそのスキルは身につくのだろうかと思っていました。まぁ、いい質問を意識して行動する、繰り返し練習するしかないんだなと再認識したわけですが。笑

    でもこの本読んでると具体的にこういうアプローチ試してみよう!って行動につながるような気づきが得られるので、そこは本当に良かったです。おすすめ!

  • 疑問と質問はちがう

  • この本でよくないとされている直接的な質問やそれに近いことをよくやっています。時には必要なので、臨機応変に使い分けるよう努めなければ。

  • めも

    しつもんのこつ


    相手がなんでそんな行動したのか分析する。
    事実を事実として見極める

    気になることを外に出すことで客観的に眺める自分が眺めて気づく

全10件中 1 - 10件を表示

茂木健一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
平野 啓一郎
メンタリストDa...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!はこんな本です

最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!を本棚に登録しているひと

最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!を本棚に「積読」で登録しているひと

最高の結果を引き出す質問力:その問い方が、脳を変える!のKindle版

ツイートする