この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

  • 590人登録
  • 3.70評価
    • (13)
    • (33)
    • (31)
    • (3)
    • (0)
  • 43レビュー
制作 : Lewis Dartnell  東郷 えりか 
  • 河出書房新社 (2015年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309253251

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかたの感想・レビュー・書評

  • 現在の文明がなくなった場合、衣食住とかはもちろん、もう一度文明を再興させるために必要なことが書いてある。
    異世界内政チート系の本の作者には向いていそう。

    内容はそこそこ面白いんだけれど、何かものすごく読みにくくて挫折仕掛けること複数回。
    結局のところ、理解しにくいので、うっかり生き残っちゃうと大変だなと思った。

  • "科学の本質は、自分が間違っていたことを繰り返し認め、新しいより包括的なモデルを受け入れることにあるので、その他の信念体系とは異なり、科学の実践は僕らの物語が時を経るにつれて着実により正確になることを保証するのである''

  • 表題通りの試みを著した本。初等教育で学ぶような物理化学の知識が現実とどのように関わっているかを認識させられるという意味での面白さもある。

  • 文明が断絶された後の世界で如何に再復興するかを示した本書は有用である。仮に今現在出版されている本を見ても、技術の断片しか書かれていない、もしくは書籍になっていない、何故なら専門的すぎる本は売れないからだ。仮に原子力発電所で働く人がいた所で、原理を知っているだけで1から作り出すことは不可能だ。本書はその観点からスタートしている。着目点は非常に面白く、導入部は素晴らしい、しかしその後は非常に退屈だ。何故なら今現時点でその技術を欲していないからだ。
    もしもっと面白くするのであれば、本書はフィクションの形でストーリーがなければいけない。試行錯誤もあり、結果復興していく話ならば是非読みたい。

  • 科学技術や産業が一旦全て無くなったときに、それを「再起動」するためにはどうすればよいかを、「説明」した本。

    想定が現実的かというより、現在の社会がどれほど複雑な基盤の上に成り立っているかを改めて感じることができる本だった。

    筆者の視点の中でユニークだと感じたのは、現在の科学技術社会を、その歴史的経過も含めてすべて忠実に再起動するということではなく、一旦リセットされた後はもっと効率的に、また必要なものを取捨選択をしながら再起動していけると考えている点である。

    このような視点から改めて考えてみることで、現在の社会がより環境負荷をかけずに、効率よく回っていくために、大胆にリストラクチャリングできる部分があるということにも、気付くことができるのではないかと感じた。

  • 「僕らの知っていた世界は終わりを遂げた。」この言葉で本書は始まる。地球の人口の大多数を死に至らしめた原因は核戦争かもしれないし、強毒型の鳥インフルエンザかもしれないし、小惑星の衝突かもしれない。それまで人々の暮らしを支えてきたインフラストラクチャー全体が崩壊した後、廃墟から立ち上がった生存者が生き延び、可能な限り早く復興するためにはどんな知識が必要なのだろう。
    本書は短期間のサバイバル術を書いたものではなく、むしろ科学を応用した技術を使い、高度に進んだ文明の再建を画策する方法を教えるものだ。先進国に住む人々は、個人としては食料、衣類、住居、医薬品などの生存に欠かせないものの生産について、その初歩的なことも知らない。大破局を生き延びた後、運よく残ったショッピングセンターやスーパーマーケットの商品を使い尽くして終わるのではなく、文明再建への長い道を一歩ずつ確実に歩んでいかなければならない。その時、現代の科学とそれを応用した技術の基礎が分かっていれば、文明の再建にかかる期間は大幅に短縮されるだろう。
    食料を確保するためには農業の復興だ。本書が教えるのは主要産物であるトウモロコシ、米、小麦を効率よく収穫するための土壌管理、肥料、農具の作り方、収穫物の保存方法などの知識だ。次に糸を紡いで布を織り衣服を作り、熱エネルギー確保のために木炭を焼く。感染症予防のための石鹸や医薬品に加え様々な材料や工業薬品の作り方には化学の知識が役に立つ。鉄を鋳造し、ガラスを作り出し、動力となる機械を動かし、蒸気機関や内燃機関を利用した輸送機関を製造し、発電技術から簡単な電気通信技術を復活させるまで、読み進めるにつれて、その技術はより高度な文明を支えるものとなる。
    どの技術も化学、生物学、物理学などの科学に基づいたものである。科学的理解を実用化することが技術の基本であり、科学の発見が技術の進歩を促す。近代の世界を作り上げたのは科学であり、それをまた再建するためにも科学は必要となるだろう。
    現在私達は多くの情報をインターネットから得ている。調べたいことは先ず「ググる」のが基本だろう。しかし、大破局によって電力の供給が止まった場合、もはやインターネット上の情報は取り出すことができなくなる。本書が「紙の本」として残ることを祈るばかりだ。
    「この世界が消えたあと」に再び作り出される文明は現代社会のものとは異なった発展の道をたどるのかもしれない。でも、どんな状況からでも人類は再び立ち上がる事ができるのだという希望を持ちたい。

  • 自分が現代文明が崩壊した後の文明復興に全然役に立たない人間だというのがよくわかった。
    なんとなく分かるけど、実際に出来る気がしない。

  • 人口が激減した世界で科学文明をどう再起動するかという思考実験。人間のこれまでの活動の結果、破局後の世界は昔のやり方で通用するわけではなく違った方法を模索しなければならない。
    この本を読むと自分が如何に何もできないかを思い知らされる。
    真の教養とはこれだ、と言える一冊。

  • この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた

    文科系トークラジオlifeにて。
    鈴木謙介さんのおすすめ。

    【堆積された技術のありがたみ】

    普段何気なく暮らしている日常生活が
    いかに多くの技術によって支えられているかを
    思い知らされる。

  • とても読み応えのある本だった。
    良かった点は、様々な資料やインタビュー、実践に基づいてとても具体的であり、かつ非常に広範囲な内容をカバーしている点。
    かつて理科が好きだった者としては、子供のころに理科を学びながらわくわくした思いがよみがえってきた。高校生くらいで頑張って読むととても楽しいかも。
    残念な点は、翻訳なので読みにくいこと、そのせいで論理展開がわかりにくい点が散見されたこと。特に物理的な内容については、私自身が苦手としていることもあり、正直理解できない点も多かった。

  • 文明をゼロから作り直すには?と文明の発達を振り返る本。
    面白い。でも、こうはならない。こんな面倒くさいこともう一度辿るとは思えない。
    読み物として、面白い。

  • タイトル通りの本なのですが、個人向けマニュアルではなく、文明にとって重要な要素を復興させるためにどうするのか?を思考実験したものです。文明が発展してきた間の科学者の葛藤は全てすっ飛ばせるので、アカデミックかつ壮大な「たられば論」にもなっています。

    評価は高めにつけたのですが、正直中身は流し読みのところもチラホラ。製紙の方法とか水車の原理とか、読んでもどうにもならないと思ってしまうのです。
    だからこそ、ここまで幅広い分野にわたって文明の成り立ちを書ききったこと自体がただただ凄いと思うし、今の文明の積み重なりぶりってのも恐ろしいレベルだなぁと思うわけで。
    ※しかし、それにしてももうちょっと図解とか欲しかった。。

    最終章の冒頭にあった、「なぜ産業革命はヨーロッパで起きたのか?」というくだりは考えさせられました。

  • 本書でも引き合いに出されている映画『マッド・マックス』やコーマック・マッカーシー『ザ・ロード』に描かれたような大破局後の世界に生き延びてしまったとき、まずなすべきことは、破壊されずに残った図書館に行って本書を手にし、その後博物館へ行って人類の文明の歴史と人類が発明してきた数々の道具を見ることである。

    大破局後に大幅に減ってしまった人類がそれまでの文明を維持するのは至難の技で、その人口に見合った文明レベルまで後退せざるを得ない。
    科学技術の発展というのは人口に合わせ、段階的に積み上げられてゆくものだということが理解できた。

    それにしても私には、本書で取り上げられているような農業、天文、科学、化学や技術の知識がまるでないため、生き延びたとしても何の役にも立たない。大破局の際には確実に死んでおきたいものである。

  • 『本書は生存者のための手引書だ、ゼロからどうすれば文明を再建できるのか?
    現役で使えるものがひとつも残されていない状況に突如として置かれたら、内燃機関や時計や顕微鏡を作る方法を説明できるだろうか?あるいは、どうやって作物を育て、衣服を作るのかといった、根本的なことすらわかるだろうか?』

    最近レンタルショップに
    映画マッドマックスの新作が並び始めました。
    おもしろいんでしょうかねえ?
    僕の中ではマッドマックスは2に限りますね。
    メル・ギブソンがカッコいいし、
    ブーメラン持った少年とか、
    ヘリコプターに乗ったとぼけた男も良い味出してるし。
    でもあの映画の主役って人物ではなくて世界観なんですよね。
    荒廃した悪夢のようなディストピア。

    当時はまだ米ソが冷戦中だったし
    ノストラダムスの大予言なんてのもリアリティがあったわけで。
    もしかしたらそんな未来が現実に?
    なんて恐怖みたいなものがあった。

    そしてこの映画に影響されて北斗の拳が出来たわけだし。
    雑魚キャラなんてもろマッドマックスですよね。
    「あべしーー」「ひでぶーー」という方々ですね(笑)

    さて今回の本は
    もしも何らかの事情で
    世界の文明がダメージをうけたら
    どうやって文明を復活させていくか?
    を真剣にシュミレーションしたノンフィクションです。

    僕は科学の知識などはからきしなので、
    どこまで信ぴょう性があるのかはわかりません。
    だけど一読した限りでは、
    かなりリアリティのある話ばかりです。

    一から農業や、鉄の精錬、医薬品などを復活させる方法を真剣に考えてるんですよ。
    最初から最後まであらゆる情報と知識が次から次へと出てきます。
    この本書いた著者すごいなあーと驚嘆してしまいました。

    それからどうしても近年の災害の時の事なんかを連想してしまいます。
    ただこの本は面白おかしくというカタチではないです。
    この著者は万が一の時の為の情報として
    この本を残しておきたいという考えもあったのかも。
    紙の本として残しておけば世界中で何冊かは残るだろうし。

    そういう意味では書籍ってすべてを
    電子化すればいいというものでもないですね。

    そして考えてみるとですね、
    我々が暮らしてる世界って、凄いわー!!!!
    ということに思いを巡らしてしまうびっくりの一冊でした。
    人間の作り出してきたものって凄いですよ、やっぱり。

  • 原題 How to buid our world from scratch

    映画やアニメでよく出てくるポストワールドにおいて、世界をどうやって再構築するかという話。要は、現代社会の基礎技術の説明。世界が消えた後になぜ自分たちが 生き残っているかとか、インフラを再生したほうが手っ取り早いのでは、とか、前提自体には疑問があるが、
    退屈になりそうな技術解説が、世界の再構築という枠で語られたことによって、とても興味深く読めた。

    翻訳も的確と思われすが、p224 三極管の記述で電子がフィラメントを加熱させ、とあるのはあきらかな誤訳。加熱したフィラメントから電子が出る。

  • 今の日本なら、まずTOKIOを5人揃えるのが復興への近道。DASHネタがたくさん書かれてた。

  • 著者も断言しているように、本書は個人レベルのサバイバル本ではなく、社会として科学技術をいかに保持・維持・復活再発展させるか? という内容。あくまでも一般書ではあるが、中・高レベルの「化学はまかせとけ!」と自信を持って言える人でないと、多少敷居が高いかもしれない。理科70点の私程度では、とりあえず書いてある日本語が理解できないということはないのだが、いまいちイメージ湧かないというか、脳内に像を結ばないというか…もう少し図版があればありがたかったかも。
    しかし、内容そのものはめちゃくちゃ興味深いし面白い。個人的に、なかなか悩ましい本だった。

    2016/1/31~2/3読了

  • 滅びた後の世界でどうやって文明を再起動するかを書いた本。滅びクラスタとしてはこれは外せないですね! 説明もわかりやすくて滅びた後の世界で何をどうすればいいのか、かなり実践的にい書かれていたので、小説のネタを考えるのにいろいろと参考になりそうでした。

  • (2015/12/30購入済)

  • 物質的な復興も重要だが、一番大切なのは適切な教育制度を維持し続けることなのではないだろうか?

  •  地球規模の何らかの大災厄が起きたと仮定して、生き残った私たちはどのようにして科学文明を復活させられるか。化学や科学の基礎的な知識や遺された材料を使って、食べ物や道具をひとつひとつ、そして社会全体を築き直していく壮大なシミュレーション読み物。

     ところどころ難解な化学の授業を聞いているようで、ついていけない部分はあるが、ちょっとした知識や知恵によって、生き延びるチャンスを増やしたり生活を快適にし社会を段階的に発展させていける望みが見えてくる。
     これからの社会を一から再生させる話なのだが、これまで築き上げてきた人類史を超スピードで再生しているようでもあり、先人たちの知恵やさまざまな道具の発達、社会の発展をあらためて確認できる読み物。

     社会が崩壊した後、残されたビルや巨大建造物などがゆっくりと崩壊していく様子はアラン・ワイズマン著『人類が消えた世界』の方が詳しいので、あわせて読むとよりリアルになる。

  • 広範な文明への言及なので、かなり駆け足ではあったが、要所はかなり押さえられていると思う。

    当たり前の日常は当たり前ではないという当たり前に、今一度気付かされる本。
    複雑化し、手の届かないように見える、現代のサイエンスとテクノロジーをぐっと手元へと手繰り寄せ見せてくれました。

全43件中 1 - 25件を表示

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかたを本棚に「積読」で登録しているひと

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかたのKindle版

ツイートする