カラー図解 楽器の歴史

  • 37人登録
  • 3.79評価
    • (4)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 佐伯茂樹
  • 河出書房新社 (2008年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309270449

カラー図解 楽器の歴史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オーケストラに使われている楽器がどんな時代にどんな種類の音楽を奏でていたのか、音の出る仕組みや材質を理解しながら学ぶことができます。写真が多いので、気軽に読み進めることができます。
    (電気電子系エネルギーコース M2)

  •  トロンボーン奏者、佐伯茂樹さんの著書。贅沢なフルページカラーの本。

     オーケストラで演奏される様々な楽器、バイオリンなどの弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器、それから時としてオーケストラに加わるピアノ、たくさんの楽器が、世に生まれた頃の昔の楽器と現代の楽器と比較されています。カラー写真で載っているので一目瞭然。楽器の中には装飾的な部分にも手の込んだものもあって、宮廷音楽だったころって無駄にゴージャスだなあ(笑)と感じました。
     それこそ郵便馬車の合図に使われたポストホルンや、フランス式ウィーン式等々、紹介されている数々のホルンでオイラ壊れるわけです。(´Д`)

     あっ、ホルン以外にも(以下略

     古楽器など、現在は一般的でない楽器は、浜松の楽器博物館や著者や演奏家仲間の私物の楽器など、いろいろなところから集めて撮影されていて、楽器の使われ感みたいなものが写真からも窺えます。

     最後に、著者の言葉から。
     「当たり前であるが、楽器というのは、音楽を奏でなければ、ただの箱や管に過ぎない存在になってしまう」
     うわあああああ(´Д`) すみませんうちのホルン。たまには吹きます。

  • カラーの写真を見ながら、楽器のルーツを辿ることができます*
    とてもわかりやすく、楽器を長年演奏している人でも楽しめる本です。

  • オケ楽器を中心に、楽器の変遷の歴史をカラー写真で解説している。大変わかりやすい。
    「XX世紀のオーケストラの編成」が載っているのが良い。

  • もっているわけではないのですが、

    今一番ほしい本。

    買います。

全6件中 1 - 6件を表示

佐伯茂樹の作品

カラー図解 楽器の歴史はこんな本です

カラー図解 楽器の歴史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カラー図解 楽器の歴史の作品紹介

ヴァイオリン、フルート、ホルン…楽器の進化をひも解く、カラー図鑑。普段目にすることのない貴重な楽器を多数収録。ビジュアルも知識も大充実の永久保存版。

ツイートする